徳間文庫<br> 悪源太郎〈上〉

徳間文庫
悪源太郎〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 469p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784195990018
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

妾腹ながら大身旗本の家に生まれ、幼い頃から剣一筋、古鷹源太郎と名乗る青年に成長したが、師の男谷精一郎が、源氏の若武者・悪源太義平の再来だから、悪源太郎と仇名をつけてから、誰も本名を呼ばなくなった。その源太郎が勝海舟に気に入られ、伝習生として海軍修業にはげむ身となった。勝の伴をして入洛した源太郎は、祇園の舞妓・鶴千代と運命の出会いをしたが、時代の流れに翻弄されて…。長篇時代小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がんぞ

1
超痛快。冒頭、8歳で、はじめて剣道稽古に行って4歳上の少年を叩き伏せる。「(家庭で)伯父上に教わったと聞くが?」「えっ古鷹左京先生!なぜそのように言わぬ、初心者とは申せませぬ」。事情があって生家ではなく旗本の伯父に育てられた‥。一升をペロリと食べる大飯食らい、六尺二寸ある大男だが剣道での機敏は並大抵ではない。海軍修練所で勝海舟(当時安房守)に出会い、(勝は小身だが)「自分より強い、底が知れない」と平伏し世界戦略、軍事技術など教えを受けた。色気のことは全く知らない。ところが祇園で生母の縁続と出会いがあって‥2016/06/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1741636

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。