読むと元気がわいてくる子ども学入門―「子どもを捉え育てる」力量を高める

個数:

読むと元気がわいてくる子ども学入門―「子どもを捉え育てる」力量を高める

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月20日 13時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784186029130
  • NDC分類 375
  • Cコード C3037

内容説明

本書では、学習活動などの場面から、子どもの表現の具体的な事例を取り上げて分析・検討することにより、そこにその子どものどのような「育ち」が表れているかを考察する。つまり、子どもを捉えて語ることの一つの語り方を示すことにより、どのように子どもの表現について感受し解釈するかについての視点と方法を提起する。

目次

序章 「子どもを捉え生かす」ことができる教師
第1章 子どもの表現の「根」を掘り起こし、「芽」を伸ばす
第2章 直接体験とつなげて考える楽しさ
第3章 子どもを鍛えて育てる
第4章 子どもの「本気さ」と「育ち」を読む
第5章 子どもらしさが生かされる
第6章 荒れた学級が再生する
第7章 集団の教育力が高まる
第8章 課題設定・課題追究を支援する
第9章 大人の生き方とかかわり合って子どもの心が育つ
第10章 校内研修が変わる

著者紹介

藤井千春[フジイチハル]
早稲田大学教育学部教育学科教授。1958年生まれ千葉県市川市出身。1981年同志社大学文学部文化学科卒業。1988年筑波大学大学院博士課程教育学研究科単位取得退学。大阪府立大学総合科学部助手、京都女子大学文学部専任講師、茨城大学教育学部助教授、教授を歴任。2003年早稲田大学教育学部助教授、2004年より現職。専門領域、ジョン・デューイの教育哲学。1995年日本デューイ学会研究奨励賞受賞。2000年度トロント大学オンタリオ州立教育研究所客員研究員