THE教師力シリーズ<br> THE説得 生徒指導編

個数:
  • ポイントキャンペーン

THE教師力シリーズ
THE説得 生徒指導編

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 17時23分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 127p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784183483126
  • NDC分類 375.2

内容説明

生徒指導や生活指導において、教師が自分らしい、それでいて子どもたちの心に響く「語り」を身につけているか否かは、生徒指導の成否を決めるほどの重要な要素。本書では、小さないじりやさぼりへの対応から、服装指導や挨拶、いじめや問題行動のある子どもへの対応まで、生徒指導や生活指導の様々な場面での子どもたちへの説得としての「語り」について、その妙をまとめている。

目次

子どもの価値観を変えるのが説得である!
冷静に説く
“変心”のきっかけを作る全体と個への説得
複数学年の大勢を説得するには
子どもとの信頼関係に基づいた説得を行う―共感を示し、行動を喚起する
説得上手は、説得しないで納得させる
認知特性に対応した対話を
対立をせず、寄り添う
心に余裕を持って、考えさせる言葉を使う
行動化されてこその効果
事実重視の生徒指導
生徒の今を観つつ10年後を見通して語る~訳者、易者的視座を身に付けるために
安心感と信頼感をもたらす教師の語り
「自然に」納得へと導く「柔らかな」説得
しんどい子も周りの子も大事にする声かけ
説得の前段階
相手の心をほぐすために
失敗から学べ!!~子どもを可視化する
MUSTを押し付けずWANTを導き出す説得
まずは、歯を磨け!~門外不出、生徒指導「説得」成功秘伝の書

著者紹介

堀裕嗣[ホリヒロツグ]
1966年北海道湧別町生。北海道教育大学札幌校・岩見沢校修士課程国語教育専修修了。1991年札幌市中学校教員として採用。学生時代、森田茂之に師事し文学教育に傾倒。1991年「実践研究水輪」入会。1992年「研究集団ことのは」設立。現在、「研究集団ことのは」代表、「教師力BRUSH‐UPセミナー」顧問、「実践研究水輪」研究担当を務める傍ら、「日本文学協会」「全国大学国語教育学会」「日本言語技術教育学会」などにも所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)