表現力を鍛える文学の授業―文学の授業は「表現力を鍛える」観点で大きく変わる!

個数:

表現力を鍛える文学の授業―文学の授業は「表現力を鍛える」観点で大きく変わる!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月17日 01時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 155p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784183355195
  • NDC分類 375.8
  • Cコード C3037

目次

理論編(表現力を鍛える文学の授業;入門期の古典学習はどうあるべきか―「読み書き融合」で古典に親しむ;「作品が醸し出す世界」へ誘い、表現力を鍛える―「想像的短作文・対話」の工夫;表現者の位置に立ち作品を「改訂」する文学の授業―文学作品を評価しながら読む)
実践編(「人物の心情を直接問わずに『読み声の交流』で表現に開く」文学の授業―「かさこじぞう」(東京書籍・教育出版小学二年)
「視点を変えて書く力を育てる」文学の授業―「ごんぎつね」(光村図書小学四年)
「フリートークで読む」文学の授業―「海の命」(光村図書小学六年)
「読み書き融合」で古人と親しむ古典の授業―「枕草子」(東京書籍小学六年)
「心を揺さぶられて語りたくなる」文学の授業―「少年の日の思い出」(光村図書中学一年)
「述べ方の工夫に着目しながら、作者の感じ方や考えを読む」古典の授業―「枕草子・第一段」(光村図書中学二年)
「『挿話』を読む」ことで、人物像について表現したくなる文学の授業―「握手」(光村図書中学三年))

著者等紹介

長崎伸仁[ナガサキノブヒト]
1949(昭和24)年和歌山県生まれ。兵庫教育大学大学院修士課程修了。大阪府公立小学校教諭、大阪府教育委員会指導主事兼社会教育主事、大阪府公立小学校教頭、山口大学教育学部助教授、同教授、同附属光小学校長、創価大学教育学部教授を歴任して現在、創価大学教職大学院教授

石丸憲一[イシマルケンイチ]
1961(昭和36)年静岡県生まれ。兵庫教育大学大学院修士課程修了。静岡県公立小学校教諭、2007(平成19)年度より創価大学教育学部准教授を経て、創価大学教職大学院准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。