道徳授業改革シリーズ<br> 山下幸の道徳授業づくり 社会につながる道徳授業

個数:

道徳授業改革シリーズ
山下幸の道徳授業づくり 社会につながる道徳授業

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年05月17日 18時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784182966170
  • NDC分類 375.353
  • Cコード C3337

内容説明

あなたの授業が革命的に変わる!山下幸流「社会派」道徳授業。オリジナル教材で22の道徳内容をこう教える!自分の生き方を考え、社会につなげる授業とは。

目次

第1章 目指す道徳授業と学習活動を重視した展開(「特別の教科 道徳」をめぐって;道徳の読み物資料の何が問題なのか;価値観の思い込みや押しつけを排除する;主体的に思考・判断・表現できるような学習活動を取り入れる;刺激することで深い思考につなげる;学習活動として具体的に工夫する;教材開発と学習活動の工夫の未来像)
第2章 学習活動を重視した道徳授業22の展開(主として自分自身に関すること;主として人との関わりに関すること;主として集団や社会との関わりに関すること;主として生命や自然,崇高なものとの関わりに関すること)
第3章 道徳授業の課題と価値(道徳授業と専門教科との結びつきをどう捉えたらいいのだろうか;1時間の中で教師の悪癖をどう乗り越えたらいいのだろうか;裏側に潜む本質に気づくために何を心がけたらいいのだろうか;無意識の問題を意識化するにはどうしたらいいのだろうか;価値観を共有するためには何を心がけたらいいのか;他人事から自分事に近づけるにはどうしたらいいのか;生徒指導・進路指導と道徳授業の狭間で気をつけることは何だろうか;「内面的資質」をどのように見取るのか;道徳授業を通して行動の喚起をどこまで期待するのか;「考え、議論する道徳」へ向けてどのように出発するのか)

著者等紹介

山下幸[ヤマシタミユキ]
1970年北海道留萌管内苫前町生。北海道教育大学岩見沢校卒。1992年に北海道空知管内にて小学校教員としてスタートを切る。1995年「研究集団ことのは」に入会。2006年より札幌市公立中学校に勤務する。国語教師として実践を積み重ねつつ、道徳教育やインクルーシブ教育にも研鑽を深める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。