算数科授業サポートBOOKS<br> クラス全員をアクティブな思考にする算数授業のつくり方―14のステップで教材開発&授業展開のしかけづくり

個数:

算数科授業サポートBOOKS
クラス全員をアクティブな思考にする算数授業のつくり方―14のステップで教材開発&授業展開のしかけづくり

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 136p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784182140112
  • NDC分類 375.412
  • Cコード C3337

内容説明

子どもたちを置き去りにした教師の思いだけの授業になっていませんか?目の前の子どもに応じた授業づくりをしよう!

目次

1 クラス全員をアクティブな思考にする算数授業の基礎・基本(子どもがアクティブな思考をしている姿とは;「何のために」と考えることを大切にする;算数授業の4つの楽しさとは―「2・6・2の法則」から子どもたちの階層を考える ほか)
2 アクティブな思考に導く算数授業づくり14のステップ&教科書教材実践例(指導書の単元の目標を確認しよう;教材開発のために1 問題を解いてみよう;教材開発のために2 内言を書き出そう ほか)
3 クラス全員をアクティブにするための算数授業づくりQ&A(宿題をしてこない子がいます;どうしても学力の差や進度の差が出てしまいます;板書をすべて写すことのできない子がいます ほか)

著者等紹介

樋口万太郎[ヒグチマンタロウ]
1983年大阪府生まれ。大阪府公立小学校、大阪教育大学附属池田小学校を経て、2016年より京都教育大学附属桃山小学校教諭。全国算数授業研究会幹事、関西算数授業研究会副会長、授業力&学級づくり研究会事務局、学校図書教科書「小学校算数」編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

家主

1
A 最後のQ&Aがわかりやすく、参考になった。問題を全部解き、内言を書き込むというのはいいと思う。子どもの頭をアクティブにするよう、時間の使い方、終わったら何させるかを考える。単元の構成にメリハリをつける。2018/02/28

jotadanobu

0
子どもの実態に合わせて全てを考えていく。一貫してそのことを述べていたように感じた。そのためには技術も視点も必要となるということで読み進めていった。今意識していることを再確認していくような感じになり、改めて算数の授業の方向性を確かめることができた。2017/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12009680

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。