アクティブ・ラーニング授業実践の原理―迷わないための視点・基盤・環境

個数:

アクティブ・ラーニング授業実践の原理―迷わないための視点・基盤・環境

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月17日 05時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784181869168
  • NDC分類 375
  • Cコード C3037

内容説明

アクティブ・ラーニングを新しい学習法と見なす必要はありません。アクティブ・ラーニングとは、グループ・ディスカッションやディベート、グループワーク等を導入することと思っていませんか?これまで実践を積み重ねてきた総合的な学習の時間や問題解決学習を生かして分析考察して、本物のアクティブ・ラーニングを始めましょう。

目次

第1章 アクティブ・ラーニング実践のための視点(「学力のV字回復」;「効果ある学校」の根底にあるもの;知識観・学習観の転換)
第2章 アクティブ・ラーニング実践のための基盤(「探究的」な学び;「協同的」な学び;「反省的」な学び)
第3章 アクティブ・ラーニング実践のための環境(校内研究の目的と方法の転換;評価観の転換;子ども理解力・対応力の形成;学校づくりとの一体化)

著者等紹介

藤井千春[フジイチハル]
早稲田大学教育・総合科学学術院教授。博士(教育学)。1958年千葉県生まれ。同志社大学文学部文化学科哲学及び倫理学専攻卒業、筑波大学大学院博士課程教育学研究科修了。大阪府立大学総合科学部助手、茨城大学教育学部助教授などを歴任。専門はジョン・デューイの哲学と教育学。全国各地の小中学校の校内研究に参加して問題解決学習の授業実践を支援している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。