新・社会科授業研究の進め方ハンドブック

個数:

新・社会科授業研究の進め方ハンドブック

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年08月15日 11時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 161p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784181655136
  • NDC分類 375.312
  • Cコード C3037

内容説明

授業のことは何でも知ってる北・向山氏の社会科ミニ解説集。

目次

1 「優れているとされる理論」がなぜ現場で支持されないのか―気がつけばここが実現不能?(北俊夫の目―「私にはできない」と思わせるものは何か;向山行雄の目)
2 これまでのスタンス&スタイルでいいか―校内研究の工夫ある進め方(研究テーマを明確にする;授業記録の取り方・活かし方 ほか)
3 社会科授業研究 問題点と改善点は“ここ”―プロが突っ込みを入れるところはどこか(授業改善につながる学習指導案の書き方;ねらいに即した教材開発のヒント ほか)
4 社会認識を育てる授業戦略の立て方―これからの時代の公民的資質育成に向けて(社会参画の資質をどう育てるか;多様な価値観を扱う授業スタイル ほか)
5 新学習指導要領への提言―グローバル社会、成熟社会を生き抜くために(社会科の役割とは何か;グローバル社会、成熟社会を見据えた内容はこれだ ほか)

著者等紹介

北俊夫[キタトシオ]
東京都公立小学校教員、東京都教育委員会指導主事、文部省(現文部科学省)初等中等教育局教科調査官、岐阜大学教授を経て、国士舘大学教授

向山行雄[ムコウヤマユキオ]
1950年東京生まれ。東京都公立小学校教員、東京都教育委員会指導主事、品川区教育委員会指導課長、中央区立泰明小学校長等を経て、帝京大学教職大学院教授、元全国連合小学校長会会長、東京都公立小学校長会会長、前中央教育審議会初等中等教育分科会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。