“算数学力・日本一”への挑戦―問題解決型授業離脱の校内研修改革ヒント

個数:

“算数学力・日本一”への挑戦―問題解決型授業離脱の校内研修改革ヒント

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月22日 08時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 104p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784181653156
  • NDC分類 375.412
  • Cコード C3037

目次

第1章 問題解決型授業を問い直す(算数=問題解決型授業?;研究授業で見られる授業パターン ほか)
第2章 校内研修を改革しよう!(校内研修テーマは何ですか;医学と教育を比較する―機能していない日本の校内研修 ほか)
第3章 その学力観は大丈夫ですか?―基礎・基本の徹底指導の限界(全国学力・学習状況調査から見える問題点;基礎・基本から思考力・表現力という指導順に問題はないか ほか)
第4章 思考力・表現力を鍛える授業を改革しよう(「言語活動の充実」で思考力・表現力を鍛えるという方向;実際に行われている「言語活動の充実」算数授業例 ほか)
第5章 テストが変われば授業が変わる(授業改革だけでは限界がくる;テストが変われば子どもが変わる ほか)

著者紹介

尾崎正彦[オザキマサヒコ]
1964年新潟県佐渡郡佐和田町(現・佐渡市)生まれ。1987年新潟大学教育学部卒業。現在、関西大学初等部教諭。第6回東京理科大学「数学・授業の達人大賞」優秀賞。第41回小学館「わたしの教育記録」特選。全国算数授業研究会全国理事。基幹学力研究会理事。新潟市教育委員会認定・第1期マイスター教師(算数)。学校図書「みんなと学ぶ小学校算数」教科書編集委員。リクルートマーケティングパートナーズ勉強サプリ講師(小学校算数)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)