文春学藝ライブラリー 思想 29<br> キリスト教講義

個数:
電子版価格 ¥1,400
  • 電書あり

文春学藝ライブラリー 思想 29
キリスト教講義

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2023年12月01日 09時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784168131066
  • NDC分類 190.4
  • Cコード C0195

内容説明

遠藤周作の親友だった井上洋治神父のもとで出会い、友情を育んできた文学者と哲学者。自己愛と隣人愛、神秘と恩寵、天使と霊性、悪と聖。トマス・アクィナスから須賀敦子まで、古今東西の著作に拠って続く対話から立ち現れてくるのは「愛の言葉」の力と、キリスト教のダイナミズムである。現代日本を代表するキリスト者二人がキリスト教二千年の叡智を紐解き、今の我々の諸問題を照射する一冊。

目次

序章 キリスト教とは何か
第1章 愛
第2章 神秘
第3章 言葉
第4章 歴史
第5章 悪
第6章 聖性

著者等紹介

若松英輔[ワカマツエイスケ]
1968(昭和43)年、新潟県生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。「越知保夫とその時代 求道の文学」で三田文学新人賞評論部門当選、『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』で西脇順三郎学術賞、『詩集 見えない涙』で詩歌文学館賞、『小林秀雄 美しい花』で角川財団学芸賞と蓮如賞を受賞。「読むと書く」主宰

山本芳久[ヤマモトヨシヒサ]
1973(昭和48)年、神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門は哲学・倫理学(西洋中世哲学・イスラーム哲学)、キリスト教学。2018年『トマス・アクィナス 理性と神秘』でサントリー学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Francis

11
著者の山本芳久、若松英輔両氏ともカトリック信徒。特に山本先生はNHK文化センター「使徒言行録を読む」「創世記を読む」の講師でもあり、その学識と信仰には敬服しております。様々な論点から対話が重ねられ、どれも面白い。日本ではまだキリスト教の歩みがまだ100年に過ぎないのだから、むしろこれからに可能性がある、あるいは現代は聖性を取り戻すべきである、と言う言葉に強く惹かれるものがあった。何度でも読みたい本であり、私のカトリック信仰を深める上で大変参考になる本である。2023/06/30

よしくん

4
これまで西洋哲学を読んで来た中で、なんか腑に落ちないなぁと思って来た事が大体書いてある事に驚いた。受肉の思想、ロゴスへの信頼、悪の定義...、特にイエスが神の子として人間の世界に産まれて来た事で私達と神とが結びついた、なんて話は、神がいるとかなんで人間に分かると言えるのか?とか、神の子が人間界に現れたとする所がキリスト教の凄い所だとかいうけど何が凄いのか分からん、とかそんなこれまで持ってた疑問が晴れた。勿論理屈としてはそういう事なんだって知ってた訳だけども、この本で納得が出来た感がとても強くある。2023/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21174121
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。