文春学藝ライブラリー<br> 現代家系論

個数:
  • ポイントキャンペーン

文春学藝ライブラリー
現代家系論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 18時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 文庫判/ページ数 356p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784168130359
  • NDC分類 288.2

内容説明

現代の「新貴族」とは何か―。戦後の財閥解体、華族制度崩壊で基盤を失った人々がいた。戦後の混乱を切り抜け、高度経済成長とともに頂点に立った人々がいた。戦後を彩る十家族と日本人の肖像。没後十年、本田靖春の初期傑作。

目次

羽仁五郎一家
美濃部亮吉一家
鹿島守之助一家
湯川秀樹一家
永野重雄一家
西園寺公一一家
美空ひば一家
徳川十一家族
武者小路実篤一家
旧皇族十一家族

著者紹介

本田靖春[ホンダヤスハル]
1933(昭和8)年‐2004(平成16)年。旧朝鮮・京城生まれ。早稲田大学政治経済学部新聞学科卒業後、1955(昭和30)年読売新聞社入社。1971(昭和46)年読売新聞社退社。以後ノンフィクション作家として活躍する。著書に『誘拐』(文藝春秋読者賞、講談社出版文化賞)『不当逮捕』(講談社ノンフィクション賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

没後10年、ノンフィクション作家・本田靖春初の著書が復活! 美空ひばりから徳川家・皇族まで代表的日本人の一族の姿に迫る。

『不当逮捕』『誘拐』『警察回り』など、ノンフィクションの傑作を世に遺した本田靖春がこの世を去ったのは2004年12月。没後10年を迎え、本田靖春の原点となる作品が復活します。「文藝春秋」に1972年7月号から73年6月号にかけて連載された『現代家系論』です。
本田靖春初の著書であるこの作品は、12回の連載から10本の家系論を収録。美空ひばり、西園寺公一、湯川秀樹、美濃部亮吉、永野重雄ら日本を代表する政財界・芸能人の家族を、さらには徳川家、旧皇族といった日本のエスタブリッシュメントまでも取材し「日本の家系」を掘り下げていきます。
〈連載は「家系論」をかかげながら「論」をできるかぎり慎んでいる。読者がなり得ないのは「論者」ではなく、業としての「取材者」である。私は、果たせなかったかも知れないが、できるだけたしかな素材の運び手を任じた。〉
と、本田が「まえがき」で語るように、本田靖春の「取材者」としての姿がはっきりと浮かぶ作品です。
これまで単行本でしか刊行されておらず、長く版が切れていたために入手しにくかった「幻のノンフィクション作品」初の文庫化となります。