文春学藝ライブラリー<br> 国家とは何か

個数:
  • ポイントキャンペーン

文春学藝ライブラリー
国家とは何か

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 05時22分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 347p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784168130342
  • NDC分類 304

内容説明

個人なき国家論を排す。「俗物論」から「朴正煕論」まで『保守とは何か』に続く福田恆存の真髄。

目次

1 政治とは何か(俗物論;少数派と多数派;私の政治教室)
2 国家とは何か(国家的エゴイズム;現代国家論)
3 戦後とは何か(個人と社会―平和論批判;政治主義の悪―安保反対運動批判;現代の悪魔―反核運動批判;当用憲法論―護憲論批判;防衛論の進め方についての疑問―防衛論批判)
4 国家と個人(孤独の人、朴正煕;近代日本知識人の典型清水幾太郎を論ず)

著者紹介

福田恆存[フクダツネアリ]
1912(大正元)‐1994(平成6)年。東京本郷生れ。東京大学英文科卒業。中学教師、雑誌編集者、大学講師などを経て、文筆活動に入る。評論、劇作、翻訳の他、チャタレイ裁判では特別弁護人を務め、自ら劇団「雲」(後に「昴」)を主宰し、国語の新かな、略字化には生涯を通じて抗した。1956(昭和31)年、ハムレットの翻訳演出で芸術選奨文部大臣賞を受ける

浜崎洋介[ハマサキヨウスケ]
1978(昭和53)年生れ。文藝批評家。日本大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

文学と政治の峻別を説いた文学者の?sc恆存は、政治や国家をどう論じたのか? 「個人なき国家論」への批判は今こそ読むに値する。

?sc恆存の政治論・国家論のエッセンス

文学と政治の峻別を説いた文学者の?sc恆存は、政治や国家をどう論じたのか? 「個人なき国家論」への批判は今こそ読むに値する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件