文春文庫<br> 飾結び―新・秋山久蔵御用控〈19〉

個数:
電子版価格
¥800
  • 電書あり

文春文庫
飾結び―新・秋山久蔵御用控〈19〉

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2024年05月27日 09時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167922108
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

険しい表情で口入屋を見詰める年増。その様子にただならぬものを覚えた秋山久蔵は、女を見張らせる。飾結び作りをしながら暮らす村岡佐奈と判明するが、佐奈には切腹に追い込まれた夫がいた。浪人暮らしを抜け出した矢先に、商人との刃傷沙汰を起こした夫。しかし、その騒動の裏には悪辣な企てが…。人気シリーズ第十九弾。

著者等紹介

藤井邦夫[フジイクニオ]
1946年北海道生まれ。テレビドラマ「特捜最前線」で脚本家デビュー。以後、刑事ドラマ、時代劇を中心に、監督、脚本家として多くの作品を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

118
シリーズ最新刊は第19弾!いつも通り安定の4話。全ての責を取って切腹する役目として周旋された夫の敵討ちのタイトル作。雲海坊と同じ長屋に住む家族の話。息子・大助が隠居の弥平次の処へお使いに行き事件に遭遇する3話目。そして、最後は人質を取り籠った事件の真相を「泣きを見る者を助けるのも役目・・」と告げる久蔵が相変わらず好い。2024/05/20

真理そら

46
「雲海坊」は雲海坊が住む古長屋の一家をめぐる物語。「お使い」は大助クンが母のお使いで向島の弥平次宅に届け物をした帰り道に出くわした事件に巻き込まれて…与平へのお土産長命寺の桜餅を長いお使いの途中で落とさなくてよかったね。「籠り者」は久蔵さんの人情裁き?が爽やか。2024/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21881701
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。