文春文庫<br> Black Box

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

文春文庫
Black Box

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月19日 06時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 271p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167918484
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

出版社内容情報

「そうは言ってもあなたも悪かったんじゃないの?」社会システムの隅々まではびこる性暴力被害者への偏見。立ち上がり闘う魂の記録。

内容説明

尊敬する人物からの思いもよらない行為。しかし、それを証明するには―密室、時代遅れの法律、差し止められた逮捕状。あらゆる所に“ブラックボックス”があった。レイプ被害にあったジャーナリストが、被害者を取り巻く現状に自ら迫る渾身の手記。著者は2020年米TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選出。

目次

第1章 あの日まで
第2章 あの日、私は一度殺された
第3章 混乱と衝撃
第4章 攻防
第5章 不起訴
第6章 「準強姦罪」
第7章 挑戦
第8章 伝える

著者等紹介

伊藤詩織[イトウシオリ]
1989年生まれ。映像ジャーナリスト。BBC、アルジャジーラ、エコノミストなど、主に海外メディアで映像ニュースやドキュメンタリーを発信。国際的メディアコンクールNew York Festivals 2018では制作したドキュメンタリー『Lonely Death』(CNA)と『Racing in Cocaine Valley』(アルジャジーラ)が2部門で銀賞を受賞。『Black Box』は初の著書で、第7回自由報道協会賞大賞を受賞、10ヵ国/地域で翻訳される。2019年ニューズウィーク日本版の「世界が尊敬する日本人100」、2020年米TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんすけ

22
性被害事件が表面化するのは僅かでしかないという。 被害者が公表を嫌うこともあるが、救済手段が少なく訴える手段が限られ、とくに日本はそれが劣悪だという。 訴えることができても、かなり強い意志を持っていなければ、最後まで闘うこともできない。 伊藤詩織は、その意志を貫いた人だといえる。しかし、最初からそうではなく、現実の不合理を味わいながら、自分を育てたに違いない。 加害者の山口敬之は、官邸の保護下にあり裁かれているとは言いがたい。 これが日本の現状況だと知るためにも、多くの若い女性が手に取るべき本だと思う。2022/12/14

OHNO Hiroshi

7
油断。寿司屋。タクシー運転手会社。謝罪。賠償。について言及してない。身の危険を。防犯意識。枕影響。どちらでもない気持ちになる。現場から警察に連絡したら。   もし、はない。2024/04/03

九曜紋

7
本書について、単行本版のレビューを見てみると、Amazonレビューでは著者の伊藤詩織氏を否定的に評し、誹謗中傷するものも多い。そして読書メーターでは逆に肯定的な評価が多い。これをどう捉えるべきか。本事件の加害者の側(≒この国の権力者側)の工作員の手は読書メーターにまでは及んでいない、と見るべきだろう。レイプという犯罪そのものの不条理、それを裁けない(裁くことをさせない)司法の怠慢と権力者への忖度という堕落を嫌というほど見せつけられ、かつて法学の徒、しかも刑事法を専攻した身として怒りに震えた。2022/03/16

Jessica

6
吐き気を催しながらなんとか読み終えた本。いかにネット上が異様で過激なものが好まれる世界であろうとも、とにかく詩織さんへの罵倒が多いことが気になっていました。昨今の自衛隊の性被害然り、女性の被害があまりにも過小化されるこの事態は一体なんなのか。あまりにも理解がなさすぎる。被害者であるにも関わらず丁寧な態度を貫く詩織さん、対をなす加害者のふてぶてしさ、恩義背がましさに寒気がします。どうか詩織さんが幸せになれますようにと祈らざるを得ません。私は彼女に連帯します。2023/06/26

岩澤 亮一

3
性暴力に遭ったのになぜにこうも警察も司法も被害者を泣き寝入りさせる様な高い壁が存在するのだろうかと、読んでて眩暈がしました。にも関らず、伊藤さんは家族や周りの友人の方々に支えられ、時には説得して闘われてる。この国のシステムが権力者、男性に有利でフェアでは無いと強く思います。文庫の帯に作家の村田さんが書いてるけど、その背後にたくさんの泣き寝入りした性暴力の被害に遭われた方々が存在するのだと思う。 沈黙や無関心は加害者やシステムの固持に加担する事になる。私は伊藤さんを支持します。こんなの終わりにしなきゃ。2022/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19360446
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。