文春文庫<br> 億男

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

文春文庫
億男

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月18日 02時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167910266
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

宝くじが当選し、突如大金を手にした一男だが、三億円と共に親友が失踪。「お金と幸せの答え」を求めて、一男の旅がはじまる!

川村 元気[カワムラ ゲンキ]
著・文・その他

内容説明

「お金と幸せの答えを教えてあげよう」。宝くじで三億円を当てた図書館司書の一男は、大富豪となった親友・九十九のもとを訪ねる。だがその直後、九十九が三億円と共に失踪。ソクラテス、ドストエフスキー、福沢諭吉、ビル・ゲイツ。数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、一男のお金をめぐる三十日間の冒険が始まる。

著者等紹介

川村元気[カワムラゲンキ]
1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。「電車男」などの映画を製作。11年、優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年『世界から猫が消えたなら』で作家デビュー。140万部の大ベストセラーとなり、映画化もされる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆのん

294
借金を負い家族を失った男が宝くじで3億円を得てしまう。何とも羨ましい。『お金と幸せの答え』を探して15年ぶりに親友と再会するも・・。3億かぁ・・お金はどんなにあっても邪魔にならないというが持ち過ぎるのも少し怖い気がする。しかし今の世の中、ほとんどの事がお金で解決できるのも確かな気がする。どう使うかが重要なのかも。本書はものすごく簡単に書かれたビジネス書のように思える。たかがお金、されどお金。2018/03/14

あきぽん(旧本読みたぬき)

216
「君の名は。」等々の成功によって億男となったであろう川村元気氏が、お金と幸せの関係について落語を意識して書いた、冗談のような真面目なお話。どうどう廻りの禅問答のようでもある。お金と幸せは別次元のものだけど、影響はありますよね。2018/06/27

seacalf

203
ミーハー心がくすぐられて手にする。お金との向き合い方を真剣に考えたことがなかったし、突如大金を手に入れた人の話は気になるではないか。そんな軽い気持ちで読み始めるが、こういうのをスピリチュアル本というのかしらん、金言名言を散りばめ、ひねるのあるストーリー展開もあるが、小説としては作りが粗い。共感しかねるくらいのミリオネア観点の話だったので、個人的には琴線に触れず。お金を有意義に活用して人生を謳歌してる例もあるだろうし、チャップリンのセリフを地で行く人生の達人も多くいるだろうに。そちら目線を期待してしまった。2018/06/05

ショウジ

155
単行本のときに読みたい本にしていたのですが今まで読まず、とうとう文庫本が出てしまったのでここで読まなければ読まないなと思い、思い切って読むことにしました。結果、そんなに面白いというものではなかったのですが、読み終わった後、考えさせられる思いが残りました。『お金と幸せの答え』お金があれば幸せかというと、それは違う。ではお金がなくても幸せかといえば、なんか難しいなと思っています。九十九は人の信用に幸せを見出したようです。そして、『人の信用を形に変えたものがお金なんだよ』とまでいっています。また、チャップリンの2018/04/16

AICHAN

153
図書館本。「人生に必要なものは勇気と想像力と少しのお金」。至言だ。三億円が当たったら人はどうなるのか、そういう興味でこの本を借りた。私の想像とはずいぶん違ったが、まあ納得できる展開ではあった。私は宝くじが当たったらどうするか細密に計画を立てているが、こういう奴には絶対に当たらない気がする。2019/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12630164

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。