文春文庫<br> 血脈〈下〉

個数:

文春文庫
血脈〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月21日 17時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 672p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167909802
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

佐藤愛子といえば、やはり『血脈』!



それは、妻子ある佐藤紅緑が、新進女優を狂おしく愛したことに始まった。

大正から昭和へ、因縁の炎が佐藤家を焼き尽くしていく。

圧倒的迫力と感動の大河長篇。



圧巻の三部作を、読みやすくした新装版で刊行。



【旧版からの変更点】

①人名・地名・難しい字に、ふりがなを増やしました。

②登場人物の系図を栞にして、上・中・下巻に挟み込みました。



(下)のあらすじ

紅緑が亡くなり、シナは過ぎ去った40年を思う。そして娘・愛子に「佐藤家には毒の血が流れとるから、気をつけなさい」と諭す。夫と別れた愛子に、小説を書くことを勧めたのは、シナだった。ヒロポン中毒の八郎の家で繰り返される佐藤家の因縁。愛子は再婚するも夫の会社が倒産し、多額の借金を背負う。シナが世を去り、八郎が急死。佐藤家を焼き尽くす因縁の炎の行方を見据えるのは、残された愛子であった。

内容説明

紅緑を看取り、シナは過ぎ去った四十年を思う。夫と別れた愛子に、小説を書くことを勧めたのはシナだった。ヒロポン中毒の八郎の家で繰り返される、佐藤家の因縁。愛子は再婚するも夫の会社が倒産し、多額の借金を背負う。シナが世を去り、八郎が急死。佐藤家を焼き尽くす因縁の炎の行方を見据えるのは、残された愛子であった。

著者等紹介

佐藤愛子[サトウアイコ]
大正12(1923)年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。戦後「文芸首都」の同人となり小説を書き始める。昭和44(1969)年「戦いすんで日が暮れて」で第61回直木賞を、昭和54年「幸福の絵」で第18回女流文学賞を受賞。平成12(2000)年、父の作家・佐藤紅緑、異母兄のサトウハチローを始めとする佐藤家の人々の凄絶な生の姿を描いた大河小説「血脈」の完成により第48回菊池寛賞を受賞。平成27年「晩鐘」で第25回紫式部文学賞を受賞。平成29年、旭日小綬章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パフちゃん@かのん変更

31
佐藤家の男に流れている「悪しき血」はただの女好き、喧嘩好きというものではない。抑制することのできない激しい気性と欲望は触れた女の運命を狂わせてしまうほどの毒を持っている(原文引用)。朝食の膳をひっくり返して家を出た愛子さんも父親そっくりの大胆さ。無茶苦茶な佐藤家の男も次々亡くなり、消息が分かっているのはハチローの長男忠が残した恵だけか。愛子先生はまだまだお元気だと思うが。2021/08/17

kumako

17
どの箇所を抜いても佐藤の誰かがアカン事をしていて、それが上中下巻ずーーっと続いている。正直、疲れました…。愛子さんは十二年もかけてこの大作を執筆されたんですね。それに対して佐藤の男たちときたら地道に労働し続けられない人ばかりで、死に方も穏やかではなくて。紅緑・八郎・愛子と華やかな実績のある人が傍にいると自分の凡人さを認めたくなくて普通に生きることが出来なくなるのかしら?今頃気付いたけど愛子さんが綺麗なのはお母様が女優だったからなんですね。2021/03/22

やじ

15
何人もの生死を読み人生について考えた。愛子先生のお姉さんのご主人はうちの夫にそっくり。戦中戦後、黙って耐え続けた彼女の取った行動が一番心に残ってしまった。この血筋。男は究極の怠け者で愚かな大半と、紅緑からハチローへと続く天才とに別れ、女は荒ぶる魂と激しさを持つ。幼少期の家庭が安定している大切さ、かと言って破茶滅茶な佐藤家からは天才が育つ。正解はわからない。どんな環境でもそれを糧にし甘えず自立できる精神を自分で養わねばならない。それには本を読まねばならないのだ。体力いるけど読んで良かった…2021/07/29

ソープ

4
巻に入ってから、作者の気持ちも、多くの登場人物に対する作者の表現も、それぞれ長い年月(時代)を経て円やかになってきた感が。 それともそれは気のせいで上巻からのすざましい勢があってのことなので読み手が慣れたか?。とうとう無事に3巻読破しましたが世の中にはすさまじい家族が存在するのだということを知った次第。この本を読んでいる最中に『楡家の人々』をも読み直してみたくなった。いままで何度読み返したかわからないが、この文庫本は本棚の奥深くで、それこそ長い年月鎮座してるのでよれよれなので書い直すようかもしれない。2019/02/16

まり

3
疲れた。言いたいことは、いっぱいあるけど疲れた。理解に苦しむ。男はロクなことしないし女は我慢ばっかり。そういう意味では早苗はすごかったのかな。愛子さんはなぜそんなにお金が許せるのかわからない。不思議な人達ばかり。関わりたくはない。2018/09/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12405847

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。