文春文庫<br> 勁草の人 中山素平

電子版価格
¥815
  • 電書あり

文春文庫
勁草の人 中山素平

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 448p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167908065
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「財界の鞍馬天狗」の異名をとり、戦後の日本経済の屋台骨を支えた財界人。彼の行動は企業を超えて国を支えた。著者渾身の実録小説。天才・田中角栄がもっとも畏れた男とは?

「財界鞍馬天狗」の生涯を描き出す決定版!



日本興業銀行頭取、経済同友会代表幹事を歴任した中山素平。

新日鉄発足、NTT民営化、国鉄分割、東京ディズニーランド開園……。

時代を画する案件の向こうには、必ずこの男がいた。

格差社会が叫ばれる今日、つよく温かいリーダーの実像を描き出す。

「文藝春秋」連載時から話題沸騰、待望の文庫化!



【目次】

第一章 総理来たる

第二章 石油危機

第三章 二つの大事件

第四章 国鉄分割化異聞

第五章 アメリカから来た女性研修生

第六章 魔法の国への扉・こころの産業

第七章 中国プロジェクト

第八章 ”興銀ますらお派出夫”たち

第九章 募金行脚

第十章 尾上縫事件

第十一章 さらば興銀特別顧問室

第十二章 大統合の行方



解 説 加藤正文(神戸新聞姫路支社編集部長)

高杉 良[タカスギ リョウ]

内容説明

日本興業銀行頭取・会長、経済同友会代表幹事を歴任し、「財界鞍馬天狗」と呼ばれた中山素平。新日鐵発足、ジャパン・インドネシア・オイル設立、NTT民営化、国鉄分割、東京ディズニーランド開園…。時代を画する案件の向こうには、必ず彼がいた。格差社会が叫ばれる今日、勁く温かいリーダーの実像を描く傑作。

著者等紹介

高杉良[タカスギリョウ]
1939年東京生まれ。化学専門紙記者、編集長を経て、75年に「虚構の城」で作家デビュー。経済界全般にわたり、話題作の数々を発表する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件