文春文庫<br> 水も過ぎれば毒になる―新・養生訓

電子版価格
¥693
  • 電書あり

文春文庫
水も過ぎれば毒になる―新・養生訓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 271p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167904975
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0195

出版社内容情報

貝原益軒の『養生訓』の教えは、現代にも生きている。最新の医学情報を益軒の平易な文章と重ね合わせ、その先見の明を探る。

300年を越えて伝わり続ける健康への知恵

貝原益軒の『養生訓』の教えは、現代にも生きている。最新の医学情報を益軒の平易な文章と重ね合わせ、その先見の明を探る。

内容説明

江戸期を代表する儒学者・本草学者、貝原益軒。彼は、300年以上先の現代科学を見通していた!?がん予防、肥満、睡眠、糖尿病、熱中症、高血圧、はたまたセックスレスまで。現代人の健康の悩みを、益軒センセイの「養生訓」ですべて読み解く。月刊「文藝春秋」の軽快人気コラム83本を収録する、目からウロコの文庫オリジナル。

目次

第1章 総論(上・下)(ゆるゆる三百歩で生活体力アップ;肥満中年にニートのススメ ほか)
第2章 飲食(上・下)(食材と味つけは三日坊主がいい;ピロリ菌と胃がんの仲 ほか)
第3章 五官/慎病(髪のお悩みに特効薬;顔筋マッサージで男を磨け ほか)
第4章 用薬/養老(結核は「不知」の病;サプリメントも過ぎたるは ほか)

著者等紹介

東嶋和子[トウジマワコ]
1962年生まれ。ジャーナリスト、元読売新聞科学部記者。筑波大学比較文化学類卒業、米国カンザス大学留学。外務省外交フォーラム外務大臣賞受賞。91年よりフリーランスとなり、科学全般、特に生命科学、医療福祉、環境、エネルギー、科学技術分野を中心に取材、科学と社会とのかかわりを追っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

saga

31
著者というよりも、有名古典『養生訓』&ポップなカバーイラスト(寄藤文平氏)に惹かれて購入。自分より5歳年上の独身女性の自虐的な書きぶりが随所に見られて、今なお男性を求める肉食系ぶりは微笑ましい。類似の話題や、養生訓の同じ字句を複数のコラムで引用しているので、一冊の本で通読すると「あれっ、また同じだ」感は否めない。何はともあれ養生訓をさらっと楽しむなら良し。2015/12/20

*mayu*

19
貝原益軒の「養生訓」を基に著者が現代の健康被害と改善について考察するコラムを文庫化。水毒の気質持ちなのでタイトルで即買い(笑)健康被害について…なんて堅苦しく見えますが、内容はあっさりめで読みやすいですし、クスッと笑える場面も。身体に良いとされてきたものも、体質によっては毒となる…。自分の体質をきちんと理解した上で改善出来るところはしていきたいですね。本家の貝原益軒氏の養生訓にも興味が湧いてきたので近々買いにいきます!←2015/12/14

ドリチン

11
江戸時代の儒教学者、貝原益軒の著書『養生訓』を軸にした健康エッセイ。面白い。現代の最新医学と江戸時代の養生訓を照らし合わせてあり、完璧とは言えないまでも益軒翁の先見の明に感嘆。興味が湧き、岩波文庫の原著を読もうか悩み中。いかんせん文藝春秋のコラムとあって、一話一話が細切れになっているので読み終わった今、内容をあまり思い出せない。あかんではないか。でも気に入った一文は「つねに心をよろこばしめて、みだりにいからず、悲を少なくし、かへらざる事をくやまず、過あらば、一たびはわが身をせめて二度と悔やまず」2016/11/21

じぇい

2
最新の健康、医学に関する情報の連載(文芸春秋)をまとめたものらしい。著者が師と仰ぐのは江戸前期の儒学、本草学者貝原益軒。「養生訓」は1913年84歳!の著書らしい。いちいちその訓が正しいいわけで、最新の医学情報も併せて紹介してくださるわけだが、わかっちゃいるけどなんですよね。健康訓って、突き詰めるとどうやって暮らすかなわけだけど、だんだんにそっちの「正しい」方向に行きたいものだとは、思っているんですよ、ホント。2016/02/02

ことり

1
養生訓が気になり手に取った1冊。全部で83の短くまとめられたコラム。わかりやすい入門書だった。2024/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9867118
  • ご注意事項