文春文庫<br> ひとりの午後に

個数:

文春文庫
ひとりの午後に

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月17日 19時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 273p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167838775
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

世間知らずだった子供時代、孤独を抱えて生きていた十代のころ……。著者の知られざる生い立ちや内面を鮮やかに綴ったエッセイ集。

「けんかの達人」とよばれるフェミニストの意外な一面

世間知らずだった子供時代、孤独を抱えて生きていた十代のころ……。著者の知られざる生い立ちや内面を鮮やかに綴ったエッセイ集。

内容説明

富山の開業医の家に生まれ、世間知らずだった子ども時代。孤独を抱えて生きていた十代のころ。今は亡き、父母の思い出。車、スキー、山、お風呂など、好きなものあれこれ。ひとりで生きる今の暮らし…。フェミニストとして「けんかの達人」と呼ばれる著者の、知られざる一面が鮮やかに浮かび上がる。

目次

1 思いだすこと(菫の香水;墓 ほか)
2 好きなもの(声;夕陽 ほか)
3 年齢を重ねて(青春;うた ほか)
4 ひとりのいま(佇まい;儀式 ほか)

著者等紹介

上野千鶴子[ウエノチズコ]
1948年富山県生まれ。立命館大学特別招聘教授。東京大学名誉教授。NPO法人WAN理事長。京都大学大学院社会学博士課程修了。95年より東京大学大学院教授を勤め2011年退職。長年、日本における女性学・ジェンダー研究のパイオニアとして活躍、様々な社会問題へ発言を続ける。近年は介護とケアの問題に研究範囲を広げる。『近代家族の成立と終焉』(岩波書店)でサントリー学芸賞受賞。2012年長年にわたる女性学・フェミニズムとケアの問題の活動に対して朝日賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

団塊シニア

45
「おひとりさまの老後」「男おひとりさま道」同様期待を裏切らないエッセイである、浅川マキの歌が好きでよく聞いたエピソード等同じ団塊の世代として人生観、価値観には共感できる。2016/04/03

ふう

33
同世代の女性として、一人の人間として、かなり共感を覚えながら読みました。家族がいるいないに関わらず、個々が持つ基本的な考え方、生き方が似ているなあと。悩みもがくことの多かった二十代に早く別れを告げたくて、三十代に憧れていたこと、ペットに対する思いなどは全く同じ。 「好きなもの」の『夕日』『俳句』、「ひとりのいま」がとくに心に残りました。 「過去の職業や経歴、今の趣味や特技もどうでもいい。そのひとのありよう、ふるまい、そのひとの佇まいがそのひとの一番大切な情報」 老いていく一人として考えさせられる言葉です。2013/09/26

30
ちづちゃん!文鳥飼ってたのー?とそれだけで好感度アップ(笑)上野さんというより、ちづちゃん。と呼びたくなるような柔らかなエッセイ。ではあるけど文の落としかたはやはり上野さんの顔がちらりと覗く。還暦(見えない!)すぎてからのこのエッセイと以前読んだ「ミッドナイトコール」は本質は変わらずとも熟成した旨味をこちらでは感じる。こんなふうに年を重ねたい。それにしてもこのひとは忙しいのに、よく本を読み映画を見てて。ほんと、すごいひとです。2014/12/31

ヨータン

17
イメージからして、もっとパワフルで勢いのある日常生活を送っていらっしゃるのだと思っていたのですが、ゆったりと過ごされているのだなと思いました。今の働いている女性って、「家の灯りがついていないと寂しい。」のではなく、「家の灯りがついていないとほっとする。」んですね。それすごくわかるなー。おひとりさま道まっしぐらの予兆かな。2014/02/09

Sakie

9
特段ひっかかるところのないエッセイやなぁ、と思いながら読み進めたが、独りの生き方や、老年に差しかかってからの在り様などはさすが深く、引き込まれた。家族と生きることは素敵。でも離婚や夫に先立たれる可能性を考えれば、未婚でなくとも独りで老年を生きる可能性は低くないんだよね。そのときどれだけ意欲的に上手に生きられるかで、人生の密度はどんどんあげていけそう。私はどんなふうに歳を取れるだろう。『ひとりの充実、わたしのほかには何もいらない何も恃まない、女の豊かな自恃と充実とがあって、わたしは思わず涙ぐみそうになる』2014/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7060295

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。