文春文庫
科学は大災害を予測できるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167812102
  • NDC分類 415.5
  • Cコード C0198

出版社内容情報

地震、津波、小惑星衝突……。予測はどこまで可能か? カオス理論の専門家である著者が豊富な具体的ケースをもとに解き明かす!

内容説明

蝶のはばたきひとつで、はるか先の天気は変わる。―だから予測は不可能なのだ。そう数学のカオス理論は唱える。では大災害の予測は不可能なのか?各界の科学者たちは、今もこの絶壁に挑戦し続けている。気鋭の数学者でもある著者が、地震、津波から小惑星衝突まで、予測の最先端をわかりやすく紹介する。

目次

第1章 津波
第2章 地震
第3章 火山
第4章 ハリケーン
第5章 気候変動
第6章 小惑星の衝突
第7章 金融危機
第8章 パンデミック
第9章 予測はどこまで可能になったのか

著者等紹介

ディアク,フロリン[ディアク,フロリン][Diacu,Florin]
ルーマニア出身、カナダのブリティッシュ・コロンビア州にあるビクトリア大学教授。数学者。ブカレスト大学卒業後、数学教師を経てドイツのハイデルベルグ大学で博士号取得。専門はカオス理論と天体力学。高度な微分方程式によって、惑星、彗星の運行予測の研究をしている

村井章子[ムライアキコ]
翻訳者。上智大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。