文春文庫<br> みにくいあひる

電子版価格 ¥600
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
みにくいあひる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 266p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167806019
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

故郷を出て、バブルに沸く東京で、私は仕事も恋も手にいれたはずだったのに……。「オトナの女」6人の迷いと再生を描く傑作短篇集。

内容説明

郷里をはなれ、好景気に沸く東京で暮らす6人のヒロインたち。仕事で成功すれば野心的だと噂され、妻子ある男との恋に傷つき、すこやかな体まで失っていく。母とは違う生き方をめざしたのに、「賢い女」になれなかった日々。でもやがて、母親となる日が訪れ…。同じ時代を生きる女性たちに贈る傑作恋愛短篇集。

著者等紹介

谷村志穂[タニムラシホ]
1962年、北海道札幌市生まれ。北海道大学農学部で動物生態学を専攻。90年、ノンフィクション『結婚しないかもしれない症候群』で女性の共感を呼ぶ。91年、処女小説『アクアリウムの鯨』を発表。以来、自然、旅、性などをモチーフに多くの作品を発表。2003年、『海猫』で第10回島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

85
切なかったです。郷里を離れ、東京で暮らす6人のヒロインたちの恋愛短編集。不倫だからこその傷が体に痛みを突き刺しました。母とは違う生き方を求めていたのに、どうしてこうも歯車が狂うのだろう。母の存在の大きさを感じさせられます。2016/04/23

choco

51
地方から都心に出てきた女性たち。彼女達の恵まれない薄幸な恋愛に切なさを感じ、こうも妻子ある男性が魅力的なのか?と疑問を感じながらも、やはり「母」の存在は偉大だ。と再確認する。まぁ、いいじゃないか。一度きりの人生、苦い思いも、悲しい思いも、胸がキューとなる嫉妬心も。味わえばまた次のステップがやってくる。そして「幸せ」がなんたるものか答えが出るかもしれない。2016/02/01

なつ

15
全体を通してみると、なにか薄暗い雰囲気が漂う。6人の女性を軸にした短編集。不倫、ダメ男。でも、結局、女性たちもただ流されているように感じて、消化不良。2017/03/24

いけ

10
お母さんの存在って、いくつになっても大きい。2014/03/19

湖都

6
似た名前で似たような不倫の恋をしている女主人公たちの短編集。名前が似てるからか、境遇が似てるからか、パラレルワールドでも見てるような気分。妻子持ちの男と不毛な恋をして、母に守られたり守ったりしながら、精神と身体のバランスを崩して…。読んでるこちらまで過呼吸になりそう。不倫の二股までして妊娠して…という話では、もうおなかいっぱいになり、最後の表題作の救いすら薄いものにしか感じられなかった。しばらく不倫の話は読みたくないかも。2018/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3059714

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。