文春文庫
明日に向って撃て!―ハリウッドが認めた!ぼくは日本一の洋画宣伝マン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 574p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167801861
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0195

内容説明

「猿の惑星」「フレンチ・コネクション」「エイリアン」「ダイ・ハード」「タイタニック」…手がけた作品は747本。洋画の宣伝マンとして、世界中でただひとり「スター・ウォーズ」全エピソードの宣伝・配給を担当し、ジョージ・ルーカス監督からの信頼も厚い著者がはじめて語る、洋画黄金期の貴重な記録集。

目次

スター・ウォーズ
トラ・トラ・トラ!
ジェームズ・キャメロン
合理化の季節
淀川さんのこと、批評の大御所たちのこと
猿の惑星
アメリカン・ニューシネマ
フレンチ・コネクション
キャバレー
サム・ペキンパー〔ほか〕

著者紹介

古澤利夫[フルサワトシオ]
10代の頃から映画業界に入り、1966年に20世紀フォックス映画日本支社に入社。97年の「タイタニック」で、当時の日本興行収入史上最高の263億円を上げる。2003年1月、健康上の理由からフォックスを依願退職後も、ジョージ・ルーカスより直接「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」の宣伝を依頼された。2011年までの46年余に宣伝・配給、企画・製作に携わった作品は747本。宣伝・配給・興行・製作の全方位を眺望する稀有の“全身映画人”(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

世界中でただ一人、スター・ウォーズ全シリーズのプロモーションを担当した宣伝マンが、洋画の黄金期を語り尽くす。映画好き必読の書。