文春文庫<br> ヒカル―いろがさね裏源氏

電子版価格 ¥733
  • 電書あり

文春文庫
ヒカル―いろがさね裏源氏

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 353p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167801687
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

財界の大立者・大壷魁太の妾腹である原田ヒカルは、容姿、財力、性技、すべてを備えた若きエリートである。好色の血を受け継ぐヒカルは、性の自由を認めあうパートナーとして、令嬢・桧枝岐葵を娶るが、秘密クラブでの性戯をきっかけに、思わぬ運命をたどってゆく…。現代に甦った光源氏の妖しくも哀しいセックスロマン。

著者等紹介

柏木いづみ[カシワギイズミ]
『ヒカル―いろがさね裏源氏』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たお

5
どう評価していいか、分からない作品。『官能小説』とあるが、あられもない程の官能ではなく、時事も組み込み、しかも源氏物語を踏襲する様々な流れ。ストーリーもエロ描写抜きだってなんとかなりそうだし、それなりに楽しい。続きが気になる程に。作者は女性でしょうか?不思議です。2012/10/21

こやま

2
まあ、面白かった。源氏物語を軸にしているがそれだけじゃない。女って本当に怖い。2012/03/03

ユキタ

1
ポップでクールな表紙に惹かれたけど、それだけだった。いまいち。2013/01/15

しょーこ

1
裏源氏というタイトルに期待しすぎた。表紙のイラストは好き。装画・鯉姫/2003feebee、デザイン・永井翔2012/04/30

しおりちゃん

0
あまり自分には合わなくて、途中で読むのをやめてしまいました。よかったのは表紙だけでしたね。2014/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4645002

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。