文春文庫
落下する花―“月読”

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 338p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167801281
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

月読―それは、人が亡くなると現れる“月導”に込められた死者の最期の思いを読み取る特殊能力者だ。投身自殺した女子大生の月導に残されていた殺人の告白。それは若者たちの錯綜する思いが招いた悲劇だった―。表題作など4篇収録。月読・朔夜一心が活躍する傑作ファンタジック・ミステリー。

著者紹介

太田忠司[オオタタダシ]
1959年、愛知県名古屋市生まれ。名古屋工業大学電気工学科卒。在学中の81年に「帰郷」で星新一ショートショート・コンテスト優秀賞を受賞。就職後も執筆を続け、90年『僕の殺人』で長篇デビューし、作家専業となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

校舎の屋上から飛び降りた憧れの女性。彼女が残した月導(つきしるべ)の意味とは? 死者の思いを読む異能者「月読(つくよみ)」が活躍する青春ミステリー。