文春文庫
群青―日本海軍の礎を築いた男

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 425p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167801137
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

幕府海軍の設立から、その終焉まで立ち会った男、矢田堀景蔵。幕府学問所で秀才の名をほしいままにした景蔵は、阿片戦争の波及を恐れた幕府の命により、長崎の海軍伝習所に赴任した。そこでは勝海舟、榎本武揚等、その後の幕府の浮沈を共にする仲間と出会う。幕府海軍総裁まで昇りつめた男の生涯。

著者紹介

植松三十里[ウエマツミドリ]
静岡市出身。昭和52年に東京女子大学史学科卒業後、出版社勤務などを経て、平成15年「桑港(サンフランシスコ)にて」で第27回歴史文学賞受賞。平成21年『群青―日本海軍の礎を築いた男』にて第二八回新田次郎文学賞受賞。同年「彫残二人」で第十五回中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

長崎海軍伝習所で、榎本武揚等とともに日本海軍の基礎を築いた幕臣・矢田堀景蔵の波乱に満ちた人生を描く、傑作海洋歴史小説。