文春文庫<br> 複眼の映像―私と黒澤明

個数:
電子版価格 ¥865
  • 電書あり

文春文庫
複眼の映像―私と黒澤明

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月18日 03時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 405p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167773540
  • NDC分類 778.4
  • Cコード C0195

出版社内容情報

「生きものの記録」以後はどうも冴えない作品ばかり──。「羅生門」「生きる」「七人の侍」の共同脚本家が見た映画人、黒澤明の真実。

内容説明

傷痍軍人療養所のベッドに横たわる著者が偶然手にした一篇のシナリオ。伊丹万作に師事、黒澤明との共作『羅生門』で脚本家デビューした著者が、初めて明かす『生きる』や『七人の侍』の創作秘話、菊島隆三、小國英雄の役回りなど黒澤映画の貴重な一次資料にして、日本映画界を支えた名脚本家の感動の自伝。

目次

プロローグ 東京行進曲
第1章 『羅生門』の生誕(傷痍軍人療養所の戦友;生涯の恩師・伊丹万作先生)
第2章 黒澤明という男(『羅生門』;『生きる』;『七人の侍』)
第3章 共同脚本の光と影(ライター先行形;いきなり決定稿)
第4章 橋本プロと黒澤さん(二人の助監督;『影武者』;『乱』)
第5章 黒澤さんのその後
エピローグ(菊島隆三;小國英雄;黒澤明)

著者等紹介

橋本忍[ハシモトシノブ]
大正7(1918)年、兵庫県神崎郡市川町生まれ。鉄道教習所を経て応召入隊中に結核にかかるが、その療養中シナリオに初めて接し、伊丹万作のただ一人の脚本の弟子となる。昭和25年、『羅生門』を監督する黒澤明との共同脚本でデビュー。この二人を核にした黒澤組は、小國英雄らが参加した脚本で『生きる』(27年)『七人の侍』(29年)を始め、数々の映画作品を生み出した。34年、『私は貝になりたい』で監督デビュー。48年には橋本プロを設立、製作者として『砂の器』(49年)『八甲田山』(52年)の大ヒット作を送り出す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばんだねいっぺい

31
 「七人の侍」のシナリオが生まれる瞬間には、心臓がドキドキした。硬骨で人間の獣臭さ漂うドラマに打ちのめされる。傑作は、チーム力の賜物だったのか。本書を読めば、フィルモグラフィーを見る目線が変わる。2019/10/05

A.T

28
いい映画にはいい脚本が不可欠な条件と定め、2、3か月の缶詰も当然で数名で脚本を練る黒澤組の流儀がイキイキと描かれる。「七人の侍」のホン制作は圧巻で、立ち上がりの第1稿からは想像もしてないストーリーへと展開していく。その捨てられた素材から、個人的なお気に入り映画「切腹」(橋本忍脚本 小林正樹監督)も生み出されることになったコメントも読めて大満足です。2019/05/20

ヨーイチ

20
内容とは関係ないが、病院の売店は独特の品揃えである。数日間付き添いで泊まったが、紙オムツ、肌着、軽食、洗面セットなどなど。驚いたのはスマートフォンのバッテリーも置いてあったこと。多分需要が有るのだろう。そして百円均一の文庫本数冊。その中で出会った本書、其れが珠玉の一冊になろうとは。映画作りの実際とか脚本家の仕事をこれほど明確に語った本は初めて。無論黒澤組以外でも様々な方法があったのだろうが、羅生門から七人の侍の奇跡の数年間の映画脚本の作り方は記憶に留めるに値するだろう。2015/01/06

たんたん麺

18
世界で最も有名な日本映画監督が黒澤明ならば、一番名の知れた日本人脚本家は橋本忍である。黒澤映画を支えた最強の脚本家チームの舞台裏が描かれてます。黒澤明にはシナリオについての哲学がある。「仕事は一日も休んではいけない」彼にいわせればシナリオを書く作業は、四ニ・一九五キロを走るマラソンに似ているという。頭を…顔を上げてはいけない。目線はやや伏せ目で、前方の一点を見つめ黙々と走る。こうして顔を上げず、ただひたすら走り続けていればやがてはゴールに到達する。2014/05/10

緋莢

14
黒澤明の「羅生門」、「生きる」、「七人の侍」で脚本を担当、プロダクション成立後は「砂の器」、「八甲田山」を送り出した著者の自伝(単行本は2006年、この文庫本は2010年刊行です)結核にかかり、療養所に入っていた際に隣のベッドの患者が読んでいた『日本映画』を借りて、その中に掲載されていたシナリオを読んで、これなら自分も上手く書ける、「シナリオを書く人で日本で一番偉い人は?」と いう問いかけに、伊丹万作という答えが返ってきたため(続く2019/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/498289

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。