文春文庫<br> 雨の日も、晴れ男

個数:
電子版価格
¥609
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
雨の日も、晴れ男

  • 水野 敬也【著】
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • 文藝春秋(2008/06発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月21日 09時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 234p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167717971
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

二人の幼い神のいたずらで不幸な出来事が次々起こるアレックス。だが、会社をクビになろうとも、家が焼けようとも、妻子が出ていこうとも、彼は常に他人を楽しませ、前向きに生きていた。その様子を見た二人は、全知全能の神ゼウスの制止を振り切って…。人生で一番大切な事は何かを教えてくれる感動のエンターテイメント小説。

著者等紹介

水野敬也[ミズノケイヤ]
1976年愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。処女作『ウケる技術』がベストセラーに。作家活動以外にも、恋愛体育教師・水野愛也としての著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

再び読書

129
可もなく不可もなくというのが、第一印象。また、主人公をわざわざ外人にする意図もわからない。ただ、前向きに生きていこうと思える、結末で納得。確かに「神は、人を不幸にすることも、幸福にすることもできない。 ただ、出来事を起こすだけ」という言葉は印象に残りました。 2015/04/07

優花 🍯モグモグ

121
二人の神 シュナとワンダーのイタズラで不幸な出来事が次々と起こるアレックス。会社をクビになろうと家が燃えようと常にプラスに考えるアレックス。最初はプラスに考える方向性が間違っているんでは?? 理解しがたい部分もありましたが、ピンチな時にユニークな発想で思いもよらない行動にでるアレックスを応援したくなりました。遊び半分で一人の男性の人生を大きく変えてしまったシュナとワンダーも罪悪感に苦しむ。ページ数は少ないけれど人生で何が大切かを教えてくれるヒントがあちらこちらに散りばめてありました。2015/04/21

やっさん

93
★★ なんの配慮もせずに言うと、まるで〝中学生が考えたお話〟って感じで全体的に痛かった。某著書で有名な人だから、なんか自己啓発できそうと思って読んだんだけどなぁ。。。2023/12/11

Shinji

74
神様でも 子供は子供なんだよ。 意地悪かったり、引け目を持っていたり。それと同じようにアレックスも子供の心を持ってんだね。人を楽しませるという事は楽しい事なんだよね!逆境っていうのは、本人にとって辛くて 周りの人にとっては ともすれば卑下しかねない… それを笑いにして楽しませるという事はよほど自分を信じているからだろうね!(自惚れとも言うけど…)アレックスの生き方までは出来ないけど 前向きに過ごそう!2015/04/08

はらぺこ

73
二人の幼い神のイタズラで不幸に見舞われるアレックスの話。 前向きになれる一冊やと思います。ただ、このアレックスは何で今まで出世してなかったんやろ?って疑問に感じました。普段はアカン人やけど実は・・・っていう必殺シリーズの中村主水みたいな人なんかなぁ。それと舞台をイギリスにする必要があったのかも疑問でした。「クビ」を宣告されて「『チクビ』といったのかも知れない」ってシーンなんか絶対に日本語で会話してるやん。まあ、Mr.ブーの広川太一郎が吹き替えしてんねや思って読めばええかと前向きに考えてみました(笑)2013/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572111
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。