• ポイントキャンペーン

文春文庫
多生の縁―玄侑宗久対談集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 237p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167692032
  • NDC分類 914.6

内容説明

現役の僧侶にして芥川賞作家の著者が、さまざまな分野の第一人者と対談。京極夏彦とは「おがみやさん」と供養について共感し、山折哲雄と現代人の死後ビジョンを模索し、梅原猛と仏教の多神論的立場を再評価するほか「人は死ぬ時何を見るか」「ガン告知について」「親の愛とエゴ」などのテーマで現代人の生と死を見つめる。

目次

京極夏彦―妖しの世界へ
山折哲雄―死者のゆくえ
鈴木秀子―死と向き合い、生を充実させる
山崎章郎―死に臨むための医療と信仰
坪井栄孝―「科学」としての宗教
松原泰道―「親と子」を語る
梅原猛―仏教を見直そう
立松和平―真理は月の光のように柔らかい
五木寛之―二十一世紀に必要な東洋の智慧

著者紹介

玄侑宗久[ゲンユウソウキュウ]
1956年福島県生まれ。慶應義塾大学文学部中国文学科卒業。83年、天龍寺専門道場に入門。現在、臨済宗妙心寺派福聚寺副住職。2001年『中陰の花』で第125回芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)