• ポイントキャンペーン

文春文庫
激闘ワールドカップ’98―フランスから見とおす2002年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167645052
  • NDC分類 783.47

内容説明

最大規模、32チームが参加した’98年W杯フランス大会で26試合を観戦した著者は、何を目撃したのか?悲願の初出場を果たした日本の奮闘、地元で初優勝を決めたフランスの歓喜、常勝軍団ブラジルの崩壊、初出場で3位というクロアチアの奇跡…知的批評の第一人者が、W杯の魅力を余すところなく伝える。全64試合記録付き。

目次

第1部 一次リーグ編(ブラジルが、若いロナウドにすべてを託すというのは、大きな賭けと言うしかない。すべては、準備を怠ってきたことのツケである。;最後にギャンブルに出た車範根監督の采配ミスだった。うまく守り切れば最低限勝点「1」が取れたはずだ。;攻め合いの展開で日本が勝つ可能性はゼロに近い。アルゼンチン相手に勝負を挑もうとするのなら、守備を固める以外に選択の余地はなかった。;後半の試合が日本ペースだったのだから、早めに攻撃をしかけてもよかった。ベンチワークに柔軟性が見られなかったのは残念。 ほか)
第2部 決勝トーナメント編(大会のベストゴールだった。オーウェンのゴールは、ラグビーのハーフバックが、ウィングにボールを回さず、自ら突破してトライを決めたようなイメージだった。;イタリアは局面局面でファイブバック、フォーバック、スリーバックを切り替えて守っているわけだ。それを、まったく混乱なく実行していく。;シュートかという瞬間、後方から追ったダーヴィッツがその右足にタックルした。ロナウドは倒れたが、ダーヴィッツのタックルはまったく正当なもの。;パスコースをいくつも確保して、次々と速い直線的なパスをつないでいくクロアチアの攻撃、二つのゴールはその典型のような攻めだった。 ほか)
64試合全記録

著者紹介

後藤健生[ゴトウタケオ]
1952年東京生まれ。慶応義塾大学大学院博士課程(政治学)修了。1964年東京オリンピックで初めて試合を見て以来のサッカー狂い。ワールドカップは’74年西独大会以降すべて観戦している。国際サッカー歴史記録学会(IFFHS)運営委員。日本サッカーライターズ協議会理事