文春文庫<br> 美人女優と前科七犯―佐々警部補パトロール日記〈2〉

  • ポイントキャンペーン

文春文庫
美人女優と前科七犯―佐々警部補パトロール日記〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 333p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167560034
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

昭和三十年一月、目黒警察署の外勤班から、捜査係主任となった佐々警部補。海千山千の“刑事独立愚連隊”を率いながら、強盗傷害事件から犬のお茶碗窃盗まで、大小さまざまな事件に遭遇して奮闘する毎日。席の暖まる暇もない三月のある雨の夜、某美人女優の邸宅に何者かが火を放った…。伊丹十三・佐々淳行対談収録。

目次

畠中巡査無念の殉職―公葬
思い知ったか“占領軍”―渉外事件
輪姦事件と肝っ玉おっかあ―少年犯罪
鬼警部大物逮捕―選挙違反捜査
十人の刑事たち―目黒署特捜班
デカ部屋グラフィティー―微罪処分
美人女優と前科七犯―放火事件
「赤穂四十七士、いえまっか」―供述調書
新米警部補ケガの功名―警視総監賞
職人刑事と哀しき殺人犯―殺人事件
どっちが泥棒、どっちが刑事?―一見紳士ふう
インド王女の宝石盗難事件―サベトリ王女
さらば、目黒署―離任

出版社内容情報

津島恵子宅放火事件、殺人事件等々、戦後復興に取り組む首都東京で様々な事件を捜査する新米主任と、個性豊かな刑事たちの奮闘記