文春文庫<br> やさしい訴え

個数:
電子版価格 ¥569
  • 電書あり

文春文庫
やさしい訴え

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月05日 01時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167557027
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

夫から逃れ、山あいの別荘に隠れ住む「わたし」が出会った二人。チェンバロ作りの男とその女弟子。深い森に『やさしい訴え』のひそやかな音色が流れる。挫折したピアニスト、酷いかたちで恋人を奪われた女、不実な夫に苦しむ人妻、三者の不思議な関係が織りなす、かぎりなくやさしく、ときに残酷な愛の物語。

著者等紹介

小川洋子[オガワヨウコ]
1962年、岡山県生れ。早稲田大学文学部文芸科卒業。88年「揚羽蝶が壊れる時」で第7回海燕新人文学賞、91年、「妊娠カレンダー」で第104回芥川賞を受賞。2004年『博士の愛した数式』が第55回読売文学賞、第1回本屋大賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

203
『いつでもチェンバロの音は、手の届かない遠いところから聞こえてくる。さして大きくもない目の前の箱が鳴っているとは、とても信じられない』という繊細な音色を奏でる楽器が、登場人物三人の関係性を象徴的に浮かび上がらせていくこの作品。チェンバロから怪しく伸びる手の先に横たわる裸の女性、そして、そんなチェンバロを弾く女性という表紙のイラストのあまりの絶妙さに見入ってしまったこの作品。小川洋子さんならではの静かに美しく描かれる作品世界に、繊細なチェンバロの音色が柔らかく溶け込んでいくのを感じた、素晴らしい作品でした。2021/09/01

ちなぽむ@ゆるりと復活

179
都会で、私はひとり夫の帰りを待っていた。いつまでも帰らない夫、愛するひとのもとへ帰る夫。 幼い頃の美しい思い出の導くまま訪れた森の別荘は、美しくまもられた、幸福な世界。あたたかな楽園の定員はふたりで、私はただの客人だった。住人にはなれず、やさしくもてなされ、誰からも必要とされていないただの客人。チェンバロの音色、移り変わる四季。やがてその資格すら失い、もはや何もなくなった現実へと帰らなくては、ならない。 絶望的に寂しくて、誰かに無条件で抱きしめてもらいながらじゃないと生きれない。だれにも起こりうる、絶望。2019/11/07

ケイ

139
この感覚はイヤ。登場人物達の生み出す感覚がイヤな形の針となり、そんな針に刺されたら化膿してイヤな膿が出てきそう。るりこの不完全な世界は、子供を持てない喪失により、語られている以上に蝕まれていて、新田のような男はその蝕まれたところを埋めるのに丁度いい腐り方をしてるんだろう。薫は不幸を餌にして生きているようで、新田が手を出す女が産む膿を、きっとこっそり舐めている。ああ、気持ち悪い。彼らの関わる音楽は、不協和音の連続。まともに陽を見ることを拒否し、少しずつ沈んでいく。私は、関わらないよ。2018/08/11

ヴェネツィア

132
瑠璃子、薫、新田―それぞれ過去の深い傷を抱えた3人の物語が、幾分か非日常的な空間に展開してゆく。物語の舞台は、おそらく八幡平あたりの別荘地。しかも、新田と薫とは、この人里離れた地でチェンバロ製作という、なんとも優雅な仕事に従事している。そこに瑠璃子がやって来るのだが、この地は、3人のそれぞれにとってアジールだったのだろう。そこでの静かな暮らしと、瑠璃子の熱い情念の物語。そして、瑠璃子の情念は静かなチエンバロの透明な音に収斂してゆく。ラモーの「やさしい訴え」、そして「預言者エレミアの哀歌」が美しく響く。2012/09/27

藤井寛子

110
この作家さんにはまって読んでみる。三作品目!夫が浮気する妻が別荘に家出をして挫折したピアニストと酷い形で恋人を奪われた女と出会う物語。 人間関係が複雑……。ただ、この主人公が報われないような気がして切ない。幸せになってほしい。2015/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/573789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。