文春文庫
老兵の進軍ラッパ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 218p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167450199
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

今や、女性は知的に論理的になり、「我慢」という言葉はカビの生えた古墳になってしまった。耐えなくてもすむ世の中、要求し文句を言えばいい世の中―これが五十年かかって手に入れた幸せの形なのか!?スッキリ生きるために、ついには人の感情まで切り捨てるに到ったこの時代の目を覚ます、共感・納得・爽快なエッセイ集。

目次

ラッパ吹く前に
真面目さの悲劇
スッキリかジタバタか
ああ心配でたまらない
スリコミについて
温泉騒動と猫騒動
進軍ラッパは錆び加減
不思議だらけ
子供の悲劇
知性ありやなしや〔ほか〕

著者紹介

佐藤愛子[サトウアイコ]
大正12年大阪生まれ。甲南高女卒業。戦後、「文芸首都」の同人となり、小説を書き始める。昭和44年「戦いすんで日が暮れて」で第61回直木賞を、昭和54年「幸福の絵」で第18回女流文学賞を受賞。ユーモアにいろどられた世相風刺と、人生の哀歓を描く小説やエッセイは多くの読者のこころをつかむ。父の作家・佐藤紅緑、異母兄のサトウハチローを始め、佐藤家の人々の凄絶な生の姿を描いた大河小説「血脈」の完成により、平成12年第48回菊池寛賞を受けた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

定年夫に冷たい妻たち、きちんと挨拶する子の薄気味悪さ、80代仲間の会話の中身……笑って怒って哀しくて、なぜか元気が出る!