文春文庫<br> 太平洋戦争終戦の研究

  • ポイントキャンペーン

文春文庫
太平洋戦争終戦の研究

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167401030
  • NDC分類 210.75

内容説明

原爆と特攻―この二つがなかったら太平洋戦争はいったいどんな結果になっていただろうか。自らも生死の間を何度もさまよい、さらに回天特攻作戦の参謀として、作戦中の若き海軍士官から辞世の歌をたくされた著者が、日米双方の史料をもとに、史実をたどりながら終戦に至る過程を複眼的な視点から描いた鎮魂の日米戦史。

目次

原爆の決断
痛恨の開戦
驕兵久しからず
アメリカ海軍の首脳
原爆の進展と開発攻防戦
やむにやまれぬ特攻
崩れゆく戦線
捷号作戦と神風特攻
水中特攻「回天」の戦い
航空特攻、海上戦の主力となる〔ほか〕

出版社内容情報

原爆と特攻、この二つがなかったら太平洋戦争はどうなっていたか──。史実をたどりつつ終戦への道を様々な角度から描いた日米戦史