文春文庫<br> 明治撃剣会 (新装版)

電子版価格 ¥621
  • 電書あり

文春文庫
明治撃剣会 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 283p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167314552
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みかん

5
剣戟シーンの描写が最高!!!!!!読んで良かった。作者の他の作品も読みたい。一番好きな話は、表題作の「明治撃剣会」かな。どの話も好きだけど。さすが剣道経験者は描写が違うな。2012/06/02

AICHAN

5
著者の実見談らしい「孤独な武者振り」が印象深かった。でくのように立つ老剣士が、掛かっていく剣士たちの竹刀を即座に絡めとり鍔ぜり合いで相手の動きを封じてしまう。身動きできない剣士たちは次々に敗退していく。本当に強い剣術家の姿を見た気がした。現代剣道の試合では選手たちはよく動き目にもとまらぬスピードで竹刀を操る。重い真剣では不可能な芸当だ。それは許せても攻撃がかなりの頻度で当たっているのに一本にならないのは許せない。真剣なら浅い打ちでも致命傷になる。現代剣道が置き忘れてきたものがこの短編集には詰まっている。2011/01/17

keiniku

4
この短編集の中の「宵闇の五人切り」を時代劇のアンソロジーで読んで津本陽を知りました。珠玉の短編集です。明治になった時代に生きる剣豪の姿を描いた作品がほとんどですが、とにかく切り合いの描写が凄まじいリアリティーと迫力です。江戸時代でないという時代設定も、生々しさに拍車をかけているのかもしれません。 新撰組がらみの話もあるので、この機会に新撰組ファンの人にも津本陽に触れて欲しいものです。 しかし、ホントに切った感触まで追体験できそうで、読み終わってからもゾッとします。2015/05/04

musa standers

4
幕末の活躍し、腕に覚えのある男たちの明治時代の話。明治になり、武士がどのような暮らしに変化していったかがわかり、興味深い。現在、警察官と自衛隊員が日本刀で切り合い、何体もの惨殺死体が見つかるなど大事件だが、明治時代には、3年の刑である。また自分が恥をかかされ、それを黙っているのは武士の恥と相手を切りに行く男たちがまだ残っていたのかと驚くが、江戸が終わり数年ならそういうことか。相手を馬鹿にするのも命がけである。2013/03/20

hidehide

4
比較的初期の短編作品集。幕末から明治初頭にかけての剣の達人たちの生き様と凄まじい技を描写している作品が中心。 剣技の冴えでたちまち何人もの相手を簡単に倒すというありがちな表現ではなく、真剣(やそれに近い型)での立ち合いであるからこそ起こるだろう状況が迫真の表現力で描かれている。こういった場面はやはり圧倒される。2012/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572920

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。