文春文庫<br> 春風無刀流

電子版価格 ¥489
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
春風無刀流

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167314545
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

幕末から明治にかけて一刀正伝無刀流を開き、明治維新では勝海舟、西郷隆盛らと親交をかさね、大政奉還後の官軍と幕軍の衝突を防ぐべく身を挺した山岡鉄舟は、剣の人であると同時に、天皇側近の人でもあった。剣豪小説で定評のある著者が、剣の奥義をきわめた鉄舟の「無我」で虚心、その悠然たる生涯を描く。

著者等紹介

津本陽[ツモトヨウ]
昭和4(1929)年、和歌山市に生れる。東北大学法学部卒業。昭和53年「深重の海」により第79回直木賞受賞。史料を十全に分析する闊達な史観から旺盛な創作活動を続けている。平成7年「夢のまた夢」で第29回吉川英治文学賞を受賞。平成15年旭日小綬章を受章
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

レアル

74
読友さんに『命もいらず名もいらず』とセットで教えて頂いたこの本。どちらを先に読もうか!と考えたあげく、こちらから読む事に~♪山岡鉄舟を描いた本で非常に読みやすいし分かりやすい。そして「江戸無血開城の立役者」という政治的イメージしかなかったのだが、この本は剣士としての姿である鉄舟が描かれており、イメージが払拭した。鉄舟、かっこいい~☆2013/05/23

糜竺(びじく)

18
幕末の江戸城の無血開城に導いた立役者の一人の山岡鉄舟の生涯を描いた小説です。この人がいなければ、江戸は焼け野原、そしてもしかしたら今の東京の姿も無かったかもしれません。後には、明治天皇の側近として仕え、その頃のエピソードも興味深かったです。剣の達人でもあり、名誉も命も惜しまない、本当に一本の芯が通った人だと思いました。そんなに長くないので、すぐに読めました。2013/04/29

無月斎

15
山岡鉄舟の生き方はやさぐれたり。落ち込んだときに心に刺さる。なんというか、まだ、そこまで追い込んでいないという気になる。剣の極地を求め、不動の心を練る。一剣士として憧れる物がある。その一技が幕末という時代に感応して、仕事を渡してやり遂げる。極めるという一途さは凄まじい。高橋泥舟、徳川慶喜、西郷隆盛や明治天皇などの英傑に信用されたのも、この一途なところにあるんだろうな。何事も本気の凄まじさを感じる。あれ程の粗稽古をやればそれは強くなると感じさせる。山岡鉄舟という武人の一生と研鑽を思えばマダマダだと感じる。2021/01/26

woo

8
幕末の剣豪、晩年は明治天皇の側近く仕えることになる山岡鉄舟(鉄太郎)の物語。概ね史実に即したものと思われるが、明治以前の武人の生き様というのが良く描かれていて、昨今の(己を含めた、特に日本人の)軽薄軟弱な社会のあり様に一石どころか岩塊を投じられたの感あり。まあ、世相の違いを鑑みればやむを得ないことなれど、変な哲学本を読むよりは悟りの境地に近づけるかも(笑)2019/04/21

makimaki

8
『命もいらず名もいらず』を先に読んでいたので、より分かりやすかった。また、どちらかにしかないエピソードもあるので、両方読んでよかった。2013/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563958

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。