文春文庫<br> 一下級将校の見た帝国陸軍

個数:
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
一下級将校の見た帝国陸軍

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 文庫判/ページ数 345p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784167306052
  • NDC分類 396.21
  • Cコード C0131

内容説明

「帝国陸軍」とは一体何だったのか。この、すべてが規則ずくめで超保守的な一大機構を、ルソン島で砲兵隊本部の少尉として酷烈な体験をした著者が、戦争最末期の戦闘、敗走、そして捕虜生活を語り、徹底的に分析し、追及する。現代の日本的組織の歪み、日本人の特異な思考法を透視する山本流日本論の端緒を成す本である。

目次

“大に事える主義”
すべて欠、欠、欠…。
だれも知らぬ対米戦闘法
地獄の輸送船生活
石の雨と花の雨と
現地を知らぬ帝国陸軍
死の行進について
みずからを片づけた日本軍
一、軍人は員数を尊ぶべし
私物命令・気魄という名の演技
「オンリ・ペッペル・ナット・マネー」
参謀のシナリオと演技の跡
最後の戦闘に残る悔い
死のリフレイン
組織と自殺
still live,スティルリブ、スティルリブ…
敗戦の瞬間、戦争責任から出家遁世した閣下たち
言葉と秩序と暴力
統帥権・戦費・実力者
組織の名誉と信義

出版社内容情報

帝国陸軍の奇怪極まる組織の実態を、北部ルソンで野砲連隊本部の少尉として酷烈な体験をした著者が、徹底的に分析し追及した力作

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件