文春文庫<br> ひとひらの雪〈下〉

電子版価格
¥600
  • 電書あり

文春文庫
ひとひらの雪〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 332p
  • 商品コード 9784167145149
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

若いOL・笙子と美貌の人妻・霞、二人のおんなのはざまでゆれうごく中年の建築家・伊織の心のひだ。不倫の愛と悦楽を描いて、大ベストセラーとなった話題の長篇力作

内容説明

ひとひらの雪にも似て、美しくもはかない愛の妖しさと哀しさ―。この世に2つしかない男と女が緊張のなかで愛をたしかめ、持続していくにはどうすればよいのか。はたして、いまの結婚というかたちが最良なのかどうか。愛の作家渡辺淳一が男と女の関係をみつめなおし、絡みあった赤い糸を解きほぐしていきます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるな

9
霞との関係が進むほど、笙子との関係が危うくなっていく伊織。まあ、そうなるわな。二つの愛を同時に進めるなんてほぼほぼ無理な話で。それなのにわがままに二人を追いかける伊織が哀れにすら思ってしまった。全体を通して、恋愛における男女の意識の差や、男女の愛とは何かが描かれていました。恋愛って難しい……。2019/01/13

コアラ太郎

8
伊織の身勝手さが際立っていたのですが、男ならこんな出会いがあるといいよなと羨ましくも感じます。性の描写は、いつものごとく艶めかしく妖しい雰囲気が随所にあるのですが、嫌らしさはなく、むしろ美しさもあります。オランダの風景も綺麗でアフストライクダイクは、一度行ってみたいです。最初から最後まで、渡辺淳一さんの代表するような小説だと感じます。2015/04/16

カーミン

8
妻や二人の愛人に囲まれて悦に浸っていた伊織だが、やがて妻も愛人たちも彼の傍から離れていく。いい気味だと思うが、それは一時の事。すぐに伊織は次の愛人を作るだろうと匂わせる文書で締めくくられる。このところ、続けて渡辺淳一作品を読んできたが、少々食傷気味。もう少し健全な作品を読みたくなった。2014/12/05

てんちゃん

6
渡辺さんがお亡くなりになったことを悼んで一作品読ませていただきました。以前にも渡辺さんの作品は読みましたが、改めて、彼が愛に生きた方であったと感じました。また、昭和女性を美しく描き出す力は卓逸です。官能小説に限りなく近いところでの、文芸作品。好き嫌いはあると思いますが、やはりこの作家は力があります。安らかなご永眠をお祈りします。2014/05/23

ぴらるく

2
端から見ると身勝手でクズだと思うんですけど、すべて言い訳のロジックを入れてくるところが当事者感高くて引き込まれた。 古い小説なのに描写が細かくて世界観に入りやすい。 男と女は時代を超えても変わらないですね。2020/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/106274
  • ご注意事項