文春新書<br> 検証 安倍政権―保守とリアリズムの政治

個数:
電子版価格 ¥1,200
  • 電書あり

文春新書
検証 安倍政権―保守とリアリズムの政治

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月19日 14時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 388p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166613465
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0231

出版社内容情報

今も日本の政治に多大な影響力を及ぼしている「安倍政治」。キーパーソン50人以上への徹底ヒアリングで明らかになった政権の内幕。

内容説明

アベノミクス、選挙での圧勝、戦後70年談話、さまざまなスキャンダル、憲法改正をめぐる騒動、TPP…。7年8ヵ月という例をみない長期政権は何をやろうとし、何を残したのか?安倍元首相をはじめ、政権当事者に対する徹底インタビューを軸に、第一線の研究者がその内幕に鋭く迫る。

目次

序論 長期安定政権になったのはなぜか(中北浩爾)
第1章 アベノミクス―首相に支配された財務省と日本銀行(上川龍之進)
第2章 選挙・世論対策―若年層を取り込んだ「静かなる革命」(境家史郎)
第3章 官邸主導―強力で安定したリーダーシップの条件(中北浩爾)
第4章 外交・安全保障―戦略性の追求(神保謙)
第5章 TPP・通商―世界でも有数のFTA国家に(寺田貴)
第6章 歴史問題―貫徹されたリアリズム(熊谷奈緒子)
第7章 与党統制―「首相支配」の浸透(竹中治堅)
第8章 女性政策―巧みなアジェンダ設定(辻由希)
第9章 憲法改正―なぜ実現できなかったのか(ケネス・盛・マッケルウェイン)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ドラマチックガス

10
大ボリューム。とても勉強になった。一方であまりに安倍政権に都合の良い書き方ばかりでそこには違和感。別にどちらかに与することが悪いとは思わないし、中立なんてありえないとも思っている。ただ、この本はイデオロギーにとらわれず冷静に批判するというスタンスを謳っている。その割にはという思いが強い。いきあたりばったりを「リアリズム」とはいわんでしょ。何より、安倍政権一番の問題と思っている手続き論を崩壊させたこと、話し合いを拒否し民主主義を愚弄したことに対して一切触れていないのは、さすがにダメでは。2022/02/28

国際協力の本棚

5
毀誉褒貶の激しい安倍政権の成果を冷静に振り返るには良い本。選挙対策・安全保障・女性政策あたりが面白かった。特に女性政策の章は大変勉強になった。保守派を支持母体に持つ安倍氏にとって女性政策は扱いにくいにも関わらず、巧みなアジェンダセッティングで保守派の不満を和らげつつ、国民の支持を取り付けたことがよく分かった。本書の価値を減じるものではないものの、全編を通じ安倍政権の「成果」に着目するあまり、その強引な手法や課題についての記述が薄いようにも思われ、その辺りはもう少し言及があってもよかったのではと思う。2022/03/01

バーニング

1
各章各分野をそれぞれ専門の政治学者が分担執筆して第2次以降の安倍政権をレビューした一冊。書き手によっては第2次安倍政権に至るまでの経路も丁寧に書いており、新書のためそれぞれの分量は大きくないが長期政権を振り返る上で重要な一冊。第2章「選挙・世論対策」(境家史郎)、第6章「歴史問題」(熊谷奈緒子)、第8章「女性政策」(辻由希)を特に面白く読んだ。2022/05/19

サイトトウロク

1
歴代最長政権になった安倍政権を、各研究者が様々な角度からオムニバス形式で述べる本。 保守政治家として知られる安倍だが、外交政策においては意外にも中道路線を歩んだこと、憲法改正には結局着手できなかったことは、良くも悪くも政権を長命にしたのだろう。2022/05/07

Anywhere

1
P7「検証安倍政権」プロジェクトは、安倍政権が進めた政策と統治の両面の主なテーマを取り上げ、それぞれなぜ、その時、そのように展開したのか、あるいはしなかったのか、を検証することを試みた。本書から分かる安倍政権の意思決定過程の特徴は二点に大別される。第一に、右派、保守的と見られていた安倍政権は理念に拘泥せず、歴史問題や外交、女性政策において、時にはリベラル的に見られる政策を展開し、右派からの支持も繋ぎ止めた。第二に、政治制度改革により、強化された首相の指導力を駆使し、与党や利害団体との交渉調整に成功した。2022/02/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19174852

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。