文春新書<br> 感染症の日本史

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

文春新書
感染症の日本史

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月25日 23時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166612796
  • NDC分類 493.8
  • Cコード C0295

内容説明

歴史上、最も多くの命を奪ってきた脅威がパンデミックだ。新型コロナウイルスのワクチン、治療薬も確立していない今、歴史を見つめ直す必要がある。一級の歴史家が、平安の史書、江戸の随筆、百年前の政治家や文豪の日記などから、新たな視点で日本人の知恵に光をあてる。

目次

第1章 人類史上最大の脅威
第2章 日本史のなかの感染症―世界一の「衛生観念」のルーツ
第3章 江戸のパンデミックを読み解く
第4章 はしかが歴史を動かした
第5章 感染の波は何度も襲来する―スペイン風邪百年目の教訓
第6章 患者史のすすめ―京都女学生の「感染日記」
第7章 皇室も宰相も襲われた
第8章 文学者たちのスペイン風邪
第9章 歴史人口学は「命」の学問―わが師・速水融のことども

著者等紹介

磯田道史[イソダミチフミ]
1970年岡山県生まれ。国際日本文化研究センター准教授。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(史学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とん大西

132
麻疹、天然痘、今はコロナ…。有名無名問わず、人類は感染症の脅威にさらされてきたというのがあらためてわかります。ただ恐怖に直面してきたかというと話しは別。近代以前の衛生観念や医療の考え方が未熟であった故正しく畏れることがなかったとも言える(幸か不幸か)。それにしても上杉鷹山は立派です。米沢藩で痘瘡が流行った時、医療と行政機能を両立しようとした領民ファーストの施政は感嘆もの。侍ファーストの江戸中期なので、その時の評価もあるにはあるでしょう。が、200年を経た今、その矜持こそ手本とすべきモデルでしょうね。2021/02/18

あきぽん

96
文系は虚学だという人もいるけど、人は何かに対処する時経験の引き出しを参考にするのだから、歴史は実学だと思う。本書は古代から日本人がどう疫病に対処してきたかを患者視点も含めて多面的に捉える。磯田さんが高校生の時から自分がやりたいことがはっきりしていたのはすごい。2021/06/04

なっぱaaua

52
感染症対策を歴史に照らし合わせたらどうなってるのって話。えっ、全然変わってないじゃない。コロナ禍の中、分からない時にやる事はまずは3密回避。特に江戸自体やスペイン風邪の時にどう人は動いたかに焦点が当たっています。人間って何て歴史に学んでいないんだと思わせること、情報化社会は嘘だったのかと思う位、今の対策が世界を含めて残念な事が分かってしまう。江戸時代から給付金あったよ。自粛要請と給付はセットだよ。この第3波も予想されていたのに、何だかなだよ。医療現場の自己犠牲に頼るパンデミック対策に見えるよ。~続く~2021/01/20

樋口佳之

44
体験した事無いものに直面しているのだから、著者に限らなくとも歴史学者も専門家会議に招聘されていいはずだっただろう。いたのかな。読めば同じような事いくらもあるのわかるし。せっかくの学知をいかすという視点が無いなあ。2020/10/05

こも 零細企業営業

40
コリャ面白い。意外と記録が残っているんだな、、特にスペイン風邪の流感の記録は凄いの一言。2021/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16522394

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。