文春新書<br> それでもこの世は悪くなかった

個数:
電子版価格 ¥800
  • 電書あり

文春新書
それでもこの世は悪くなかった

  • 提携先に100冊在庫がございます(2017年10月18日 07時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 183p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166611164
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0295

内容説明

人から見れば悲劇かもしれない人生。しかし、正々堂々、力いっぱい生きた私はいま、満足だ―こんな佐藤愛子は、どうしてできた?93歳、初の語り下ろし人生論。

目次

第1章 私をつくった言葉(「どうしてもせんならんということが、世の中にはおますのやで」;「豆腐屋のオッサンかて校長先生かて、おんなじ人間ですがな」;「カネカネと言う奴にロクな奴はいない」 ほか)
第2章 幸福とは何か(勘定知らずも才能の一つ;金がなくても「しょがないもなあ」;父は狂い犬、娘は暴れ猪 ほか)
第3章 死とは何か(ヘンな友だちは、みないなくなった;遠藤周作と七色の小便;川上宗薫の妻は「水腹」? ほか)

著者紹介

佐藤愛子[サトウアイコ]
大正12年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。昭和44年『戦いすんで日が暮れて』で第六十一回直木賞を受賞。昭和54年『幸福の絵』で第十八回女流文学賞を受賞。父・佐藤紅緑、兄・サトウハチローを生んだ佐藤家の荒ぶる魂を描いた『血脈』の完成により、平成12年に第四十八回菊池寛賞を受ける。平成27年『晩鐘』で第二十五回紫式部文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ロクでもない人生でも、私は幸福だった。「自分でもワケのわからない」佐藤愛子ができ、幸福とは何かを悟るまで。初の語りおろし。人から見たら悲劇かもしれない人生。

しかし、正々堂々、力いっぱい生きた私はいま、満足だ

――こんな佐藤愛子は、どうしてできた?



ワガママ盛りの6歳で聞いた乳母の言葉は、思えば初めての人生の教訓だった。以来、父・佐藤紅緑、母、先輩や友の影響を受けて出来上がったのは、「他人から理解されないばかりでなく、自分でも何かわけのわからない、ヘンな佐藤愛子」。

そして二度の結婚に失敗、夫の借金に巻き込まれ、それでも人は幸福に生きられる!

93歳、初の語り下ろし人生論。



佐藤愛子を作った言葉

「なんぼお嬢ちゃんやかて、大きゅうなったらどうしてもせんならんということが、世の中にはおますのやで」(乳母)

「豆腐屋のオッサンかて校長先生かて、おんなじ人間ですがな」(母)

「カネカネという奴にろくな奴はいない」(父・佐藤紅緑)

「女に小説は書けないよ。女はいつも自分を正しいと思っている」(師・吉田一穂)

「君はね、平林たい子さんのような作家になりなさい」(師・北原武夫)

「苦しいことが来た時にそこから逃げようと思うと、もっと苦しくなる」(師・臼井栄子)

「君は男運が悪いんやない。男の運を悪くするんや」(友・遠藤周作)

佐藤 愛子[サトウ アイコ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件