文春新書<br> 無敵の仕事術―君の人生をドラマチックに変える!

電子版価格
¥865
  • 電書あり

文春新書
無敵の仕事術―君の人生をドラマチックに変える!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 249p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166610716
  • NDC分類 159
  • Cコード C0295

出版社内容情報

グーグルに東大発ベンチャーのヒト型ロボットを売った元シャフトCFOが、世界での戦い方を熱く語る。今、君に必要なものは何か?

日本からジョブズが生まれないのはなぜか?

グーグルに東大発ベンチャーのヒト型ロボットを売った元シャフトCFOが、世界での戦い方を熱く語る。今、君に必要なものは何か?

プロローグ 日本を覆うモヤモヤとした閉塞感の正体

エピソード1.ヒト型ロボットベンチャー誕生
――ロボットで革命を起こすには?

エピソード2.起死回生のM&A
――サラリーマンが仕事で奇跡を起こすには?

エピソード3.ベンチャーV字回復の修羅場
――自分の中で真のリーダーが目覚めるとき

エピローグ ドラマチックな人生を求めて

内容説明

世界一のヒト型ロボットをグーグルに売った東大発ベンチャー・シャフト元CFOが究極の仕事術を熱く語る。Encounter、Empathize、Dive、Learn、Encourage、Celebrate。スタンフォード大学でも注目の「共感」を軸にした6つの仕組み。

目次

1 ヒト型ロボットベンチャー創造(Encounter―隠れた宝石の見つけ方;Empathize―「共感」がなければ始まらない;Dive―早すぎるか、乗り遅れるか;Learn―情報交換の「通貨」はリアルな体験;Encourage―社外取締役の本当の役割;Celebrate―確率ではなく可能性に賭ける人たち)
2 起死回生のM&A(Encounter―リアリティを感じるのに専門知識は必要ない;Empathize―「気持ちを使う」という新しい選択;Dive―青臭い正義感と、若気の至り;Learn―どこから始めていいのかわからないときの勉強法;Encourage―成功体験のない若者が自信を持つには;Celebrate―組織人でいる限り、揺るぎない自信は生まれない)
3 ベンチャーV字回復の修羅場(Encounter―同じものを見て、違う価値を発見する;Empathize―ロールモデルとしてのロビン・ウィリアムズ;Dive―信用される人のたったひとつの特徴;Learn―先生にとって本当の仕事とは?;Encourage―同じ経験をした人の言葉に励まされる;Celebrate―戦火を生き延びた人たちに共通する「無敵感」)

著者等紹介

加藤崇[カトウタカシ]
1978年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。法人融資業務などに従事したのち退職。KPMG日本法人を経て、オーストラリア国立大学で経営学修士号(MBA)を取得。技術系ベンチャー企業社長などを歴任し、2011年加藤崇事務所を設立。ヒト型ロボットベンチャーSCHAFT共同創業者兼取締役CFO就任。13年にはSCHAFTをGoogleに売却し、世界から注目を集めた。米国カリフォルニア州メンローパーク在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

305
共感て大事な事だなと思った。しかしこんなにも熱く仕事をしている人を垣間見る事が出来ただけでも、こっちまで熱くなれた。周りにこんな人いないなぁとも思ったし、日本の絶望的な状況を目の当たりにして、自分ができる事も何かないかと考える姿勢に共感した。2016/04/25

James Hayashi

23
銀行、KPMG、MBA取得、ベンチャー企業社長、ヒト型ロボットを開発する企業をGoogleに売却。シリコンバレー在住。まだ若い(当時38歳)がビジネス上の色々な経験をされている。銀行業務はもちろん、M&A、CFO、社長業、営業、クレーム処理、雇用と解雇、赤字からのV字回復などどこへ出しても恥ずかしくない経歴。物理学(部)の特徴として混沌とした状況の中でも整理し法則化し最善のものを取捨していくという考え方を身につけられた事と言われている。刺激的な内容であるが、自分とは住んでいる世界が違うとも思ってしまった。2018/06/11

ga-ko

13
共感。著者と一緒にはらはらしたり、わくわくできた。 成功例だけよりも、どんな感情で仕事をしてきたか、悔しい思いをしたり失敗をしてきたかの過去を一緒に体験できた。若い人もチャレンジしたいと思ってほしいし、年配者もまだまだチャレンジしたいと思ってほしい。2016/07/14

チェアー

9
ビジネス書が概して好きじゃない私なのですが、これは最後まで読めました。ある人にも言われたことで「商売始める時には、とにかく自分が腹を固めて覚悟を決めること。それさえあれば、なんとかなるもんです」。やっぱりこういうことは人の口から聞くと素直に聞けるのだが、本となるとどうも…。2016/05/25

もりけい

8
たとえ人工知能が進んだとしても「共感」は人間にしかできないという見方にしびれる。公私ともに共感の輪を広げていきたい。2016/05/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10693483
  • ご注意事項