文春新書<br> 国のために死ねるか―自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動

個数:
電子版価格 ¥800
  • 電書あり

文春新書
国のために死ねるか―自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2019年03月20日 16時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 255p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166610693
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C0295

内容説明

新安保法制が施行され、「自衛隊員の戦死」が現実味を帯びてきた。しかし、今の日本という国家に、「死ね」と命じる資格はあるのだろうか。自衛隊でも、もっとも死ぬ確率が高い特殊部隊の創設者が、自分の経験をもとに「国のために死ぬ」ことを、とことん突き詰めて考えた衝撃の手記!

目次

第1章 海上警備行動発令(緊急呼集;北朝鮮戦闘員の目 ほか)
第2章 特殊部隊創設(特別警備隊準備室;俺を納得させろ ほか)
第3章 戦いの本質(拉致被害者を奪還できるか;日本とは何なのか ほか)
第4章 この国のかたち(六千万人の部族長;あなたの国は、おかしい ほか)

著者等紹介

伊藤祐靖[イトウスケヤス]
1964年東京都出身、茨城県育ち。日本体育大学から海上自衛隊へ。防衛大学校指導教官、「たちかぜ」砲術長を経て、「みょうこう」航海長在任中の1999年に能登半島沖不審船事件を体験。これをきっかけに自衛隊初の特殊部隊である海上自衛隊の「特別警備隊」の創設に関わる。42歳の時、2等海佐で退官。以後、ミンダナオ島に拠点を移し、日本を含む各国警察、軍隊に指導を行う。現在は日本の警備会社等のアドバイザーを務めるかたわら、私塾を開いて、現役自衛官らに自らの知識、技術、経験を伝えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

数々の実戦を経験した海上自衛隊特殊部隊創設者が語る「国のために死ぬ」ことの意味と、「兵士を死なせる」国家への願い。 これは愛国心か、それとも危険思想か――。

自衛隊初の特殊部隊、海上自衛隊「特別警備隊」の創設者が語る「国のために死ぬ」ことの意味。

新安保法制が施行され、自衛官の「戦死」が現実味を帯びてきた。とくに特殊部隊員は明日にでも国のために死ななくてはならない。

だから、「他国とのお付き合い」で戦争するなんてまっぴら御免。

この国には命を捧げる価値があってほしい。

死と背中合わせで生きてきた男の誓いと祈りがここにある。

伊藤 祐靖[イトウ スケヤス]

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件