文春新書<br> 翻訳夜話

個数:
電子版価格
¥804
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春新書
翻訳夜話

  • 村上 春樹/柴田 元幸【著】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • 文藝春秋(2000/10発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 35pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月14日 10時57分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 245,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166601295
  • NDC分類 801.7
  • Cコード C0295

内容説明

roll one’s eyesは「目をクリクリさせる」か?意訳か逐語訳か、「僕」と「私」はどうちがう?翻訳が好きで仕方がないふたりが思いきり語り明かした一冊。「翻訳者にとっていちばんだいじなのは偏見のある愛情」と村上。「召使のようにひたすら主人の声に耳を澄ます」と柴田。村上が翻訳と創作の秘密の関係を明かせば、柴田は、その「翻訳的自我」をちらりとのぞかせて、作家と研究者の、言葉をめぐる冒険はつづきます。村上がオースターを訳し、柴田がカーヴァーを訳した「競訳」を併録。

目次

フォーラム1 柴田教室にて(偏見と愛情;かけがえのない存在として ほか)
フォーラム2 翻訳学校の生徒たちと(「僕」と「私」;he said she said ほか)
海彦山彦―村上がオースターを訳し、柴田がカーヴァーを訳す(村上・カーヴァー「収集」;柴田・カーヴァー「集める人たち」 ほか)
フォーラム3 若い翻訳者たちと(“Collectors”の「僕」と「私」;良いバイアス・悪いバイアス ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

507
翻訳に興味のあるあなたにも、春樹さま、柴田さんファンのあなたにも絶対に満足していただける一冊。春樹さまが翻訳しているのは知っていたが、これほどまでに数こなしているとは知らなかった。そして柴田さんはその最終チェックをしていらっしゃる方だそう(もちろんご自身でもその世界での第一人者&大学の先生)。わたし自身は原書を読む際には頭の中でいっさい和訳しないので、翻訳者のご苦労がよくわかった。その手間の割に金銭的見返りが少ないであろうことも。そう、愛がなくてはできない、のだ。2024/01/18

アキ

99
もう20年以上前に読んだ新書を再読したら滅法面白い。柴田氏が東大准教授時代に村上がゲストとして来たフォーラム1はあくまでさわりで、翻訳学校の生徒とのやり取りのフォーラム2で柴田氏の翻訳は遊び、村上氏の小説と翻訳はチョコレートと塩せんべいみたいなものとの発言があり、プロの翻訳家を交えたフォーラム3では今をときめく岸本佐知子さんが出席者Aとして参加している。カーヴァ―とポール・オースターの訳し比べについての質問と議論が愉しい。お二人が最初に協力して訳した「熊を放つ」も懐かしい。数十年ぶりに再読してみようかな。2021/06/20

nobi

94
タイトルから大方の内容が想像できるように思っていたのが、フォーラムに私も同席しながら、翻訳の世界の深層にずんずん分け入っていく感じがした。脇役に見られがちな翻訳に“かけがえのなさ”を見出している二人。黒子に徹するのがキモであるにしても、黒子がいて人形が生き、黒子毎に人形の気性や機微が違って見えるおもしろさ。例えば「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」競訳で、地の文は村上訳に、会話は柴田訳により息遣いを感じたり。でも“翻訳の日本語には苦労したことがない”という村上氏は翻訳者の中ではかなり特殊な部類かも。2019/01/19

はたっぴ

92
お二人の翻訳作品(オースター、カーヴァー)から興味を持ち、この共著の元となる学生フォーラムでのディスカッションを臨場感たっぷりに楽しめた。翻訳を音楽に例えて「リズム(ビートとうねり)が大事」と言う村上さん。クラシックを色々なバージョンで演奏するように、古典文学ももっとたくさんの訳者が挑戦したらいい等々、自由でざっくばらんな会話に引き込まれた。オースターとカーヴァーの短編翻訳でお二人の感性の違いを比較する〝読み比べ〟も満喫。翻訳本の楽しみ方がちょっぴりわかった気になる。『村上柴田翻訳堂』も読み進めたい。2016/09/29

mayumi225

63
翻訳への愛あふれまくる一冊。英語には一つしかなく日本語には多くある一人称の選択、女言葉・男言葉など口調のバリエーションが少ないために英文に頻繁に挿入されるhe said, she saidを訳すかどうか等、英文を訳す際に必ず通る基本的な問題から、翻訳における文体の問題や翻訳者の自我などのめちゃめちゃ高度な議論まで。肩の力を抜いた二巨頭の議論が濃密!競訳までしちゃって完全に楽しんでるし…。翻訳が単に言語を置き換える無個性な作業ではないことが一目瞭然。むしろ、言葉・言語・文体の奥行きを噛みしめる知的な遊びか。2018/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/488610
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。