向田邦子全集〈11〉エッセイ7 男どき女どき (新版)

個数:

向田邦子全集〈11〉エッセイ7 男どき女どき (新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月18日 13時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 257p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784166417803
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0395

出版社内容情報

向田邦子20代、映画雑誌の記者だったころの瑞々しい文章、「男どき女どき」(エッセイ)、年譜などで、全集本篇は締めくくられる。

内容説明

向田邦子が20代、映画雑誌の編集記者時代の文章のほか、「男どき女どき」よりエッセイ、年譜などを収録。

目次

男どき女どき(再会;鉛筆;若々しい女について ほか)
映画記者時代(「映画ストーリー」編集後記;映画と生活)
補遺(精神的別居;せりふ;半村良「おんな舞台」解説 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

shiozy

22
今週の読書予定を読み終えて、読む本がない。そんな読書の谷間の定番はこれ。2016/02/05

あいくん

10
☆☆☆図書館に向田邦子全集がそろっていました。 全11巻と別館2冊のあわせて13冊です。 分厚くなくて読みやすいです。 この巻は「男どき女どき」の他に、向田さんが若い頃勤務していた「映画ストーリー」の編集後記、映画に関するもの、源氏物語に関するものなど収められています。 詳しい年譜もあります。「映画ストーリー」の編集後記は昭和27年から36年までと長期にわたっています。 向田さんの23歳から32歳までです。 向田さんは「映画は私たちの夢」だと書いています。 テレビが普及する前はまさに映画の全盛期でした。2018/04/01

ぐうぐう

10
『向田邦子全集』最終巻である今巻には、彼女が脚本家デビューする前に所属していた洋画雑誌「映画ストーリー」に書いた記事が多数収録されている。これらの記事を読んでいて気付いたのは、彼女のドラマやエッセイに見られる人間に対する観察眼が、映画鑑賞を通じて育まれてきたものではないだろうか、ということだ。映画とは、つまり物語であり、そして人間そのものを描いている。しかし彼女の興味は、映画の中に閉じてはいかない。そこから現実の日常へ、そして人間へと広がっていく。2010/10/28

こがね丸

2
向田邦子のエッセイは面白い。          題名がまずよい。            「男どき女どき」なんて題名をいつ思いつくんだろう。2013/06/27

ぺこちゃん

2
いつものことながら向田さんにはうならされる。うますぎる。文章が。。。「ゆでたまご」に特に印象つけられました。2011/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/583701
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。