襷がけの二人

個数:
電子版価格
¥1,900
  • 電書あり

襷がけの二人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月20日 09時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 368p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163917511
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

裕福な家に嫁いだ千代と、その家の女中頭の初衣。
「家」から、そして「普通」から逸れてもそれぞれの道を行く。


「千代。お前、山田の茂一郎君のとこへ行くんでいいね」
親が定めた縁談で、製缶工場を営む山田家に嫁ぐことになった十九歳の千代。
実家よりも裕福な山田家には女中が二人おり、若奥様という立場に。
夫とはいまひとつ上手く関係を築けない千代だったが、
元芸者の女中頭、初衣との間には、仲間のような師弟のような絆が芽生える。

やがて戦火によって離れ離れになった二人だったが、
不思議な縁で、ふたたび巡りあうことに……

幸田文、有吉佐和子の流れを汲む、女の生き方を描いた感動作!

内容説明

裕福な家に嫁いだ千代と、女中頭の初衣。「家」から、そして「普通」から逸れてもそれぞれの道を行く。

著者等紹介

嶋津輝[シマズテル]
1969年東京都生まれ。2016年、「姉といもうと」で第九六回オール讀物新人賞を受賞。18年発表の「一等賞」が、日本文藝家協会編『短篇ベストコレクション 現代の小説2019』に収録される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

269
第170回直木賞候補作第六弾(6/6)、直木賞発表前に全候補作完読、コンプリートしました。嶋津 輝、初読です。本書は、大正&昭和の激動の時代を生きた普通(但し、女●器のみ畸形)の女性の半生記、シスターフッド大河小説の佳作でした。直木賞ノミネートは納得ですが、他候補作と比べるとインパクトに欠けるので、文藝春秋社刊ではあるものの、直木賞受賞はないと思います。 https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163917511 【読メエロ部】2024/01/05

いつでも母さん

189
三村初衣と鈴木千代・・大正末期から昭和を生きた二人の女。「奥様と私」縁あって出会い戦禍にはぐれ、今「お師匠さんと私」生きて再会の悦びを、主従関係と紡ぐ嶋津輝さんの長編小説を読んだ。大河小説だから嫌な奴も居るにはいるのだが、さほど気にならず読み進められるのは二人の性格と程よい関係性に所以しているのだろうなぁ。仕事だと割り切っても肌が合う・合わないはあると思うが、互いが互いを認め合う心地良さがここにはあった。私は満ち足りた気分で読了に至った次第。2024/01/25

fwhd8325

165
「スナック墓場」を書かれた方だったんですね。短篇集でしたが、とてもいい味だったことを思い出しました。今回は長編ですが、これもいいです。昭和が凝縮されているような物語です。良いも悪いもこれが昭和なんだと思います。今の時代とは違う芯の通った強さを感じます。背景は違いますが、4月から始まった朝ドラの伊藤沙莉さんと重なりました。2024/04/05

ちょろこ

151
和みと強さの一冊。自分自身が充たされる人と出会えることほど素敵なことはない、と心から思う。大正から昭和の時代を奥様と私の関係を入れ替え生き抜いた二人の女性の物語は終始心地よさが漂いごく自然と好き感が溢れた。口さがない数々の言葉、好奇の目を向けられても、女二人に迫り来る戦禍に於いても、いつでも二人の間には和みの時が流れていた。だからこそ自然とお互いを心の柱として生き抜けた。そんな和みを強さに変えた二人の姿が羨ましい。今日も明日もこの人が隣にいれば…。その想いはきっと、二人にとっての幸せと生きることの代名詞。2023/12/20

ひさか

140
2023年9月文藝春秋刊。書き下ろし。再会 昭和24年(1949)、嫁入 大正4年(1926)、噂話 昭和4年(1929)、秘密 昭7年(1932)、身体 昭和8年(1933)、戦禍 昭和16年(1941)、自立 昭和24年(1949)、明日 昭和25年(1950)、の8つの章で構成。話の八割方進んだところでの千代の自立の章が圧巻。ここからの初江さんとの新しい道を歩む、二人三脚、まさに襷がけのような展開が面白い。前半の地味でありがちな展開からは予想できないほどの楽しく面白く素晴らしい展開だった。2024/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21514787
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。