赤い砂を蹴る

個数:
電子版価格 ¥1,400
  • 電書あり

赤い砂を蹴る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2023年12月02日 02時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 158p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163912363
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

お母さん、聞こえる? 私は生きていくよ――幼くして死んだ弟、世間に抗い続けた母。ブラジルの大地に母娘のたましいの邂逅を描く。

内容説明

お母さん、聞こえる?私は、生きていくよ。幼くして命を落とした弟。心ない世間の声に抗い、それでも母は、自由に生きた―。ブラジルの大地に舞い上がる赤い砂に、母と娘のたましいの邂逅を描く渾身のデビュー小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鉄之助

251
祖父・太宰治から3世代にわたる芥川賞ノミネート。母・津島祐子も2度、候補になっている。”3度目の正直”ならず石原燃のデビュー作は受賞を逃したが、作品としてなかなか面白かった。「父親を知らない家で育つ」と、男を見る目がない、というフレーズにドキッとした。家庭を顧みなかった太宰の残滓が、こう言わせたのか…と思ってしまった。何人もの「死」が描かれるが、母の臨終の場面が忘れられない。 続く → 2020/07/28

starbro

227
第163回芥川龍之介賞受賞作・候補作第二弾(2/5)、石原 燃(太宰治の孫)、初読です。太宰治、津島佑子、石原 燃と親・子・孫、三世代の作品を読むとは思いませんでした。芥川賞候補作らしい暗さ、暗さという太宰治のDNAは引き継がれているようです(笑)但し、本作には芥川賞受賞する程の新しさ、パワーは感じられませんでした。 https://ddnavi.com/review/641873/a/ 2020/07/22

黒瀬 木綿希(ゆうき)

126
忘れたものは何か。失った感情は何か。怒りや悲しみ、そしてあるいは……愛、か。画家の母・恭子を亡くした千夏は母の友人・芽衣子と彼女の故郷ブラジルへ。芽衣子もまた、夫を亡くした直後だった。ブラジルの地特有の乾いた赤い砂が舞い上がると共に鮮明に浮かび上がってくる家族との思い出。美しかった記憶よりも負の感情に近い記憶が頭を支配する描写は物悲しく、それでもポツポツと思い起こされる母との日々が愛おしい。伝えたかった事を肉体を介さずに語り掛けた千夏の記憶が、舞い上がった赤い砂にかき消されることは二度とないだろう。2020/07/18

buchipanda3

108
赤い砂とはブラジルの土。千夏は母の友人・芽衣子とブラジルを訪れる。異国での情緒か、亡き母や弟について回想が巡る。身近な人の死を思うことは気持ちを落ち着かせなくするものだ。それは相手や自分の否定までも甦らせるもので、彼女は母親の生き方への思いを深く考えないようにしてきた。それでも芽衣子との会話やヤマの家族の光景が、千夏に母親の心情へもう一歩踏み込ませ、素直で力強い情動をもたらす。溢れる思いが錯綜するような文章がそれを大いに語っていた。死の話が多いが波乱人生の芽衣子の明朗さからか重くなり過ぎない話となった。2020/06/14

なゆ

103
話題の方だなぁと思いつつ、“母の友人とブラジルへ旅に出る”の文句に惹かれて読んでみる。母を亡くしたばかりの千夏、母の友人でアルコール依存症の夫を亡くした芽衣子さん。赤い砂の大地、芽衣子さんの故郷ブラジル。喪失感を抱えたふたりの旅は内面へ、遠い記憶へと深く潜っていくような。母との最期の夜の病室、芽衣子さんと3人のあの時間はとてもリアル。リアルすぎて苦しいくらい。苦しさに喘ぐ息の合間に、あんなふうに何かを伝えようとしてくれてたのかな、と。赤い砂を蹴ちらして、ふたりは進み始めるんだろう。なかなか深い作品だった。2020/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16088531
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。