永遠(とわ)の詩(うた)

個数:
電子版価格 ¥1,527
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

永遠(とわ)の詩(うた)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163909165
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

愛した美しい継母は、とてつもない悪女だった。悪魔的な継母の誘惑を振り切って、生きる道を見いだせるのか。

著者等紹介

香月夕花[カツキユカ]
1973年生まれ。大阪府出身。京都大学工学部卒業。2013年「水に立つ人」で第九十三回オール讀物新人賞を受賞。16年9月、受賞作を含めた短篇集『水に立つ人』を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

高校時代に美しい継母と関係を持ったことに耐え切れず、実家を飛び出した青年。間違った愛に溺れたとき、人はどう生きればいいのか。「男と女、人の世の仕方なさ、これは現代版の源氏物語だ」

(桜木紫乃氏 推薦)



愛した美しい継母は、とてつもない悪女だった。

世の中にあふれている「不格好な愛」にどう向き合えばいいのかを、問い直す傑作長編。



継母との秘められた関係。

罪から逃れ出た青年は、新たな人生を求め、ガラス工芸の道に飛び込む。

心から信じた者の裏切り、繰り返される過ち。

千四百度の炎に煽られながら彼が探し続けたものとは――。



〈著者プロフィール〉

香月夕花(かつき・ゆか)

1973年、大阪府生まれ。2013年「水に立つ人」でオール讀物新人賞を受賞。2016年に短編集『水に立つ人』を刊行。本作が初の長編となる。



〈装画製作者プロフィール〉

塩月悠(しおつき・ゆう)

1982年、長崎県生まれ。佐賀大学大学院修了後、第61回二紀展 奨励賞、第10回記念春季二紀展 新人選抜奨励賞、第12回九州二紀展 九州二紀賞(最高賞)などを受賞。2015年、二紀会準会員推挙。



〈装丁・野中深雪〉

香月 夕花[カツキ ユカ]
著・文・その他