修羅の都

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

修羅の都

  • 伊東 潤【著】
  • 価格 ¥1,998(本体¥1,850)
  • 文藝春秋(2018/02発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 90pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年03月22日 23時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 402p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163907758
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

武士の世をつくる!すべてを犠牲にして進む、頼朝と政子。肉親との断絶、権力者の孤独。その時、頼朝に何が起こったのか―?『吾妻鏡』空白の四年間に迫る圧巻のラスト!感動長編。

著者等紹介

伊東潤[イトウジュン]
1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。『黒南風の海―加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』(PHP研究所)で「第1回本屋が選ぶ時代小説大賞」を、『国を蹴った男』(講談社)で「第34回吉川英治文学新人賞」を、『巨鯨の海』(光文社)で「第4回山田風太郎賞」と「第1回高校生直木賞」を、『峠越え』(講談社)で「第20回中山義秀文学賞」を、『義烈千秋 天狗党西へ』(新潮社)で「第2回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「武士の世をつくる」。頼朝の悲願を背負い、妻として母として時代の要となった政子。頼朝晩年の謎をも大胆に描く傑作時代長編。

「武士の世を創る」

生涯の願いを叶えるため手を携えて進む、源頼朝と政子。



平家討伐、奥州を制圧、朝廷との駆け引き。

肉親の情を断ち切り、すべてを犠牲にして夫婦が作り上げた

武家政権・鎌倉府は、しかしやがて時代の波にさらわれ滅びに向かう。



魔都・鎌倉の空気、海辺の風を背景に

権力者の孤独と夫婦の姿がドラマティックに描き出される。

頼朝晩年に隠された大いなる謎とは?

『吾妻鏡』空白の四年間を解き明かす圧巻のラストは必読!



新聞連載時から大きな反響を呼んだ

感動の長編エンタテインメント。

伊東 潤[イトウ ジュン]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件