夏の裁断

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 125p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163903248
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

過去に性的な傷をもつ千紘の前にあらわれたのは、悪魔のような男性編集者だった。若手実力派による、鬼気迫る傑作心理小説。

女性作家の再生の物語

過去に性的な傷をもつ千紘の前にあらわれたのは、悪魔のような男性編集者だった。若手実力派による、鬼気迫る傑作心理小説。

内容説明

小説家・萱野千紘の前にあらわれた編集者・柴田は悪魔のような男だった―。過去に性的な傷をかかえる女性作家。胸苦しいほどの煩悶と、そこからの再生を見事に描いた傑作。

著者等紹介

島本理生[シマモトリオ]
1983年生まれ。15歳のときに「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説、年間MVPを受賞する。2001年「シルエット」で群像新人文学賞優秀作となりデビュー。03年「リトル・バイ・リトル」が芥川賞候補に。高校生候補として話題になる。同作で野間文芸新人賞を史上最年少受賞。15年『Red』で島清恋愛文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

222
繊細な 女性作家の再生の物語である。 編集者 柴田の薄気味悪さと、女性作家 千紘の 怯えるような胸苦しさがいい。 本の裁断をしながら、千紘は過去のトラウマを 払拭できたのだろうか? 独特な心理描写が 不穏な 作品だった。2018/10/03

おしゃべりメガネ

209
う〜ん、ボリュームの薄さとは裏腹になかなかヘヴィな内容の作品でした。とにかく「柴田」さんがかなりインパクトの残るキャラで、最初から最後まで彼の'謎の男'っぷりから目が離せなくなりました。作者さん的にはおそらく試験(実験)的な作風だったのかなと、勝手ながら想像してしまいます。自由奔放な男性に知らぬ間に'支配'されている女性の不思議な心理描写を巧みに綴る作者さんのちょっとした新境地をハラハラしながら楽しむ事ができました。全体的に決して明るい内容の作品とは言いがたいですが、今後の作風に影響のある作品なのかなと。2016/09/06

風眠

205
んー・・・健やかではないよね、心が。過去のトラウマから逃れたいのに、そこに無意識に依存し、同じようなことを繰り返してしまう心理。もう自分を罰しなくてもいいのに、と思うけれど、それは、心が壊れるほどの経験をしたことがないから言える綺麗事なのだ。そして大体、心が弱っている女の人には、支配し痛めつける男の人がくっついたりする。逆もあると思うけど、ほんとに不思議だと思う。時間が行ったり来たりして読みづらいと感じたが、このまとまらなさが、千紘の混乱なのだと感じた。肯定か否定、善か悪、どちらとも言えない割り切れなさ。2018/01/29

まちゃ

201
過去に性的な傷を負った女性作家・千絋は、男性編集者・柴田に「違和感」を抱きながらも惹かれていく。裏切られる不安を抱えながらも惹かれる千絋の不合理な行動と心理を理解することにはできませんでした。しかし、揺れ動く女性の心理描写が上手いなと思います。島本さんの別の作品も読んでみたいと思います。2016/05/28

黒瀬 木綿希(ゆうき)

173
【だけど柴田さん。それだけは、さすがにひどい。だって――】 恋人とは言い切れなかった編集者・柴田に向けて刃を向けた作家の萱野千紘。島本さんらしさが溢れている、傷付きやすく過去の経験から心に闇を抱えた女性が主人公。 過去に起きたことを主眼としているため敢えて盛り上がりを避けて淡々とした文体のお陰か、一時間ほどでサラリと読了。柴田には自分のしてきたことが無意味だと自覚しつつ、そこに何かしらの意味を見いだそうとする姿が儚げで痛々しい。最後の文で、裁断は過去の自分を断ち切り、生まれ変わるための比喩だと考えたが…。2020/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9807706
  • ご注意事項