スナックちどり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163825106
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

40歳目前に人生の踊り場を迎えた女二人が、イギリスの海辺の町で過ごした不思議な5日間。よしもとばななが贈る希望と救済の物語。

それは人生のエアポケットのような、不思議な5日間だった――。40歳を目前にして離婚した「私」は、幼なじみで従妹のちどりと偶然同時期にヨーロッパに滞在し、一緒にイギリスの西端の田舎町・ペンザンスに小旅行に出かけることになった。ちどりもまた、心に空洞を抱えていた。幼い頃に両親が離婚した後、親代わりに育ててくれた祖父母を相次いで亡くし、ひとりぼっちになってしまったのだ。さびれた海辺の町で、二人は昔話にふけり、互いの人生を振り返る。とりわけ思い出されるのは、ちどりの祖父母が経営していた、「スナックみどり」の光景だった。常連たちがまるで家族のように寛いだ時間を過ごし、またそれぞれの仕事に帰っていく。そこにはささやかだけれど、しっかりとした幸福感が満ちていた。そんな思い出を確かめ合いながら、二人は少しづつ寂しさを埋めていく。そして3日目の夜、二人の間にある「事件」が起きる……。
限りなく繊細な表現で、人が人に寄り添うとはどのような事かを問いかける傑作小説。あなたもきっと「居場所」が見つかります。

内容説明

40歳を目前に離婚した「私」と、身寄りをすべてなくしたばかりの、いとこのちどり。イギリス西端の田舎町を女二人で旅するうち、魔法にかけられたような時間が訪れる―。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

231
最近、ちょっとご無沙汰感のあったばななさんですが、改めてばななさんにしか出せないあったか(温か)ワールドを堪能させていただきました。40歳を目前に離婚した主人公と、育ててもらった祖父母を亡くし、身寄りのないいとこの「ちどり」の二人があてもなくイギリスのとある静かな田舎町を旅しながら、色んな想いを語り合うステキな物語です。たった5日間の出来事ですが、その語られる言葉、文章はなんとも言いがたい、温かく、優しい雰囲気に満たされています。離婚に傷つき、別れを受け止めていく主人公と「ちどり」のやりとりに癒されます。2016/02/10

yanae

122
イギリスのペンザンスという街に旅にきた従姉妹同士のちどりとさっちゃんのお話。さっちゃんはダイスキだった旦那さんと離婚したばかり、ちどりは両親を亡くしてから親代わりだった祖父母を亡くしたばかり。失ったばかりの二人が旅を通して前を向いていく話。ちどりとさっちゃんの関係性も素敵だったし、(ちょっとしたアバンチュールはあったけど)何よりちどりの祖父母が魅力的。スナックを経営しながらちどりを大切に育てた愛がじーんと伝わってくる。ちどりのお店に行ってみたくなる。おばあちゃんの秘伝の出汁の煮物を食べたい…(笑)2013/11/18

風眠

120
ちょうどいろいろなことが重なった時期だった。そんなときに出会った本だったからなのか、物語のはしばしに引っかかる。「あ、そうそうそんな感じだね」っていう引っかかり。それで少し戻って文章を読み返す。なかには二度三度と戻って読み返す文章もあったりして、なかなか先へは進めない。寂しいけれど、どこか晴れ晴れとした私。恋しくなって誰かといる私。迷う私、泣く私、切り捨てる私、長電話する私・・・いろんな私がその物語の中にいた。『スナックちどり』うら寂しいイギリスの海辺の町をさすらう、さっちゃんと ちーちゃんの物語。2013/12/08

chimako

104
ちどりって可愛い名前。ちどりの前は「スナックみどり」ちどりやさちこのお祖母ちゃんの名前。ちどりはおじいちゃんおばあちゃんに育てられその二人を亡くした。さちこはとても人気のある同僚と結婚して離婚した。喪失が同一項。ふたりは旅の途中、何度も泣いたり笑ったり食べたり飲んだり、ある夜はキスしたりしながらすごす。ランズエンド=地の果て の美味しい朝食を出すホテルで本当に美味しい朝食を食べたり、売店の2階でクロテッドクリームを食べたりしながら着物を洗張りするように少ししゃんとする。楽しい読書だった。2016/08/09

Mumiu

101
旅行、海外のさびれた町という非現実感。同性の従姉妹という距離感の関係。いちばんに近い美味しさのイギリスのフルブレックファスト。近しい人、親しかった人と別れてふたりがゆっくりと過ごす日々。クリーム・ティーのクロテッドクリーム。ビールに酔い、体調を崩して発熱の中での穏やかながら祝祭にも似たふわふわした時間。表紙、最初は気が付かなかったけれど天使の梯子が見えている。スナックちどりの貸切の日々はとてもぜいたくだ。ビールにフィッシュアンドチップスがいただきたくなる。ばななさん、お父様もだいすきでした。2013/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7117924
  • ご注意事項